ショーシャンクの空に [DVD]

監督 : フランク・ダラボン 
出演 : ティム・ロビンス  モーガン・フリーマン  ウィリアム・サドラー  ボブ・ガントン  ジェームズ・ホイットモア 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ
4.49
  • (1535)
  • (715)
  • (232)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 5137
感想 : 671
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135805799

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ステイホームで、これまで観たかったけど観れなかった不朽の名作を観てみようシリーズ!

    いや、この作品に関しては「これまでにも観たことがあるけれどもう一回度観てみたい不朽の名作を観てみようシリーズ」の第一作目かもしれない。ここに来て新シリーズ。
    まさか上司に「来月も自粛で」と言われるとは思ってもみなかった。
    絶対観終わらないであろう不朽の名作シリーズだったはずなのに、休みが長引くと知ると、急に始まる新シリーズ。

    何度か観たけれど、やはりあの、雨を浴びるシーンはもう、思わずこっちまで「うおおおおお」と叫びたくなるほどの名シーン。
    「フォレスト・ガンプ」と同じ、1995年の公開作品。その作品がアカデミー賞を受賞したため、この作品は受賞に至らなかったという。少しでも時期がずれていたら、この作品だって紛れもなくアカデミー賞を受賞したはずだ。

    大学の頃、わたしは卒論で「死刑制度の是非」について論じていて、その時に終身刑について触れた。
    卒論は文献調査がメインで、締切までになんとか書き上げることが目的となりつつあり、かなり薄っぺらい内容で提出した記憶がある。

    レッドの言葉
    「終身刑は人を廃人にする刑罰だ 陰湿な方法で」
    作中のこの言葉に、自分の想像力のなさを嘆いた。死刑制度の廃止を声高に叫び、終身刑の導入を訴えればそれでいいのかと言われれば、それは違う。どんな罪を犯していても、人権は存在する。ブルックスのことを想う。

    アンディーの言葉
    「必死に生きるか 必死に死ぬか」

    あの空を見るために大切なことは、
    希望を捨てないこと
    慎重であること
    人に言わないこと

    • トミーさん
      自分の中で最高映画ベストスリーのNo1です。
      泣けます。
      自分の中で最高映画ベストスリーのNo1です。
      泣けます。
      2020/05/27
    • naonaonao16gさん
      トミーさん、コメントありがとうございます!

      名作ですね、本当に素晴らしい作品でした。
      ベストスリーの他の2作品が気になります(笑)
      トミーさん、コメントありがとうございます!

      名作ですね、本当に素晴らしい作品でした。
      ベストスリーの他の2作品が気になります(笑)
      2020/05/27
    • naonaonao16gさん
      蜜海さん

      初めまして!
      コメントありがとうございます^^

      このタイトルで出ているわけではないのですね!の海外の作品はあまり原作で読まない...
      蜜海さん

      初めまして!
      コメントありがとうございます^^

      このタイトルで出ているわけではないのですね!の海外の作品はあまり原作で読まないのでひとつ知識が増えました!ありがとうございます。
      「ミスト」も最後は皮肉がきいていたように感じます。皮肉を描くのが上手い方なんですね!

      またいつでも遊びにいらしてください^^
      2021/07/19
  • ひさしぶりの鑑賞。
    この映画は高校の時の「映画鑑賞会」の候補の作品のひとつだった。
    当時から外国映画が好きだった私は、この映画を推し、親しくなったばかりの同級生のひとりにも、推してくれるよう根回しをした。
    しかし、アンケート結果は惨敗。
    沖縄戦を描いた『ひめゆりの塔』に決定した。
    『ショーシャンクの空に』は、2票しか入らなかったそうだ。

    その後、どうしても観たかった私は、ひとりでシネコンに見に行った。
    シネコンの階段下でこの映画のポスターを眺めていたのを覚えている。

    この映画の本当の主人公は、アンディではなく、レッドなんだと思った。
    語り手をつとめているというだけでなく、観客の代理人として、映画の中にいる。
    刑務所という「世の中」のなかで、だいそれた希望を持つこともなく、自分の役割に努め、居場所を作って、生き延びている。
    そこには地獄の中の平穏があった。
    その刑務所に「異物」として入ってくるのが「妻とその愛人殺しのアンディ」。
    アンディは、外の風を刑務所に持ち込み、レッドと友人となる。

    レッドが「諦念」だとしたら、アンディは「希望」だ。

    「諦念」は、「希望」を恐れているが、何よりも欲してもいる。

    あきらめてもあきらめても、どこからか湧いてくるのが「希望」を欲する心。

    ラストの「〜だといいが」の畳み掛けがいつまでも忘れられず、頭の中をぐるぐるしていた高校生のころを思い出した。

    冒頭に書いた今は疎遠になった高校時代の同級生も、元気だったらいい。
    一つ上の、宮崎出身の、穏やかで賢くて優しい子だった。
    あのとき、根回しに乗ってくれてありがとう。
    できれば、この有名な映画も、その後機会があって観てくれてるといいな。












    • 5552さん
      まことさん、こんばんは!

      まことさんも、『ショーシャンクの空に』が、大好きなんですね!嬉しい!
      まことさんのご記憶通りスティーブン・キング...
      まことさん、こんばんは!

      まことさんも、『ショーシャンクの空に』が、大好きなんですね!嬉しい!
      まことさんのご記憶通りスティーブン・キング原作です。
      キングと言えばホラー!のイメージなので、珍しいですよね。
      キング原作の非ホラー作品では『スタンド・バイ・ミー』も大好きです。
      2024/02/26
    • 土瓶さん
      原作はスティーブン・キング「ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編」の中の中編「刑務所のリタ・ヘイワース」がそれですね。
      原作もだいたい映画...
      原作はスティーブン・キング「ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編」の中の中編「刑務所のリタ・ヘイワース」がそれですね。
      原作もだいたい映画と同じだったような気がします。
      リタ・ヘイワースとは色っぽい女優さんで、刑務所の壁に目隠しとして使ったアレです。

      ちなみに俺は読んでる途中で「あ。これ。ショーシャンクじゃね?」と気づいた(笑)
      2024/02/26
    • 5552さん
      土瓶さん

      土瓶さんは原作もお読みになったのですね。
      原作はタイトルも伏線…?
      リタ・ヘイワース→マリリン・モンロー→ラクウェル・ウェルチと...
      土瓶さん

      土瓶さんは原作もお読みになったのですね。
      原作はタイトルも伏線…?
      リタ・ヘイワース→マリリン・モンロー→ラクウェル・ウェルチと変わっていくポスターで時間の経過をさりげなく表しているのがさすが。
      あー、キング作品読みたくなってきました。
      2024/02/27
  • 今日は映画三昧な一日になった。
    こちらも名作中の名作。
    スティーブンキングの原作にモーガンフリーマン。
    ティムロビンスンも良かった。
    名作になるべくしてなった作品ではないか。

    • ahddamsさん
      kakaneさん
      突然のコメント失礼します!
      ショーシャンクの空に、私も好きな作品です♪どの役者も良いですよね^ ^
      絶望一色にならず、とこ...
      kakaneさん
      突然のコメント失礼します!
      ショーシャンクの空に、私も好きな作品です♪どの役者も良いですよね^ ^
      絶望一色にならず、ところどころで希望をもたらしてくれるのが観ていて気持ち良かったです。あと、数回変わる監獄部屋の女優ポスターで歳月の長さを表す演出が個人的に好きです笑
      2022/09/18
    • kakaneさん
      ahddamsさん、コメントありがとうございます
      あきらめない気持ちと友情。大変良い映画ですよね。
      ポスターのくだりは全く意識していませんで...
      ahddamsさん、コメントありがとうございます
      あきらめない気持ちと友情。大変良い映画ですよね。
      ポスターのくだりは全く意識していませんでした。
      そこを注目してまた、見てみたいと思います。
      ありがとうございました。
      これからも充実した読書、映画、音楽の生活をお送りください。
      2022/09/18
    • ahddamsさん
      kakaneさん
      大好きな映画なので思わず飛びついていました笑 それぞれ各年代?にブレイクした女優さんのポスターになっており、私も鑑賞後に解...
      kakaneさん
      大好きな映画なので思わず飛びついていました笑 それぞれ各年代?にブレイクした女優さんのポスターになっており、私も鑑賞後に解説を読んで知りました…!
      こちらこそ有難うございます。kakaneさんも素敵な作品の旅を!
      2022/09/18
  • 「ショーシャンクの空に」、今更ながら初めて見ました。金曜ロードショーありがとう。
    感動、号泣、悲哀ものだと思っていたので(なんでなんだろう)、全然違ってびっくりした。
    面白かった。
    感動というよりも、面白かった。
    年月を経てまた見直すと違うふうに感じるんだろうか。

    「がんばって生きるか、がんばって死ぬか」。
    勇気と希望がわいてくる映画だった。よかったです。さすが名作と呼ばれる映画。

    “希望はいいものだよ。多分最高のものだ。
    いいものは決して滅びない。”

  • 素晴らしい映画だった。
    主人公のアンディは、冤罪によって有罪となりショーシャンク刑務所に投獄される。刑務所の中でも、ひどい目に遭いながらも、希望を捨てずに生き抜いていく。これ以上のストーリー紹介は、ネタバレになりかねないので、やめておきたい。
    本作品は、最初、興行的には失敗だったらしいが、アカデミー賞7部門にノミネートされるに至り、興行的にも盛り返し、更には1995年には、アメリカで最もレンタルされた映画ビデオとなった。評価されるのに時間がかかった映画であるらしい。

    映画は冒頭の場面から引き込まれる。
    伏線も多く張られており、それが最後にかけて回収されていくのも楽しい。映画の最後の場面は、割と淡々としているが、感動する。
    これ以上のストーリーは話せないので、是非、ご覧になって下さい。

  • ちょうど東野圭吾さんの『白鳥とコウモリ』を読んでいて、作中にこの作品が出てきていたので観てみました。

    名作と聞いたことがある程度で、予備知識なしで観ましたが、どのシーンを切り取っても美しかったり、残酷だったり、希望を感じたり、一瞬にして絶望したりと、名作と言われる理由がわかる気がしました。

    手に取る機会は昔からあったはずだけど、TSUTAYAに通った大学時代より、中年になった今観たからこそ、素晴らしさを感じられたと思います。
    この作品に限らず、映画も本も、今出会えて良かったなあと思う作品が多くて、めぐり合わせに感謝です。

    ティム・ロビンスもモーガン・フリーマンも素敵だったけれど、私は所長役のボブ・ガントンから目が離せなかったです。
    上品なスーツに身を包んだ、信仰心のある善人(そしてダンディ)に見える所長がチラリと覗かせる非道な一面が、これまた美しいくらい残酷でヒヤリとしました。(男前だから余計♥️)
    薄汚れてよれよれの囚人着を着る、ティム・ロビンスとモーガン・フリーマンの、他人に侵すことのできない心の清らかさや強さが際立って感じました。

  • 主人公銀行員アンディの有能ぶりと、無実だったのに暴力や強要される不正行為への協力に耐え続け、壁に穴を掘り続けたアンディの精神力がものすごい。アンディ、まさにスーパーヒーローって感じだ…光の主人公すぎる…
    仮釈放になったものの50年も刑務所にいてシャバで居場所を作れず自死を選んだブルックス、後のレッドの選択と対比になる重要な役回りだけどひどく物悲しかった。トミーもあまりにも残酷な運命。それらを乗り越えてアンディがやり遂げたラストは本当に胸が空く。
    とあるブログで絶賛されているのがきっかけで見たのだが、批評通り、個人的にラストエンペラーと並ぶ名作だった… 原作はスティーブン・キング。

  • 「希望はいいものだよ。たぶん最高のものだ。いいものは決して滅びない」

    妻殺しの冤罪で刑務所に入れられた銀行員のお話。Amazonプライムビデオに今まで字幕版はあったんだけど(多分)新しく吹き替えが入ったのでやっと観た。以前に観たことある気もする…。

    ひどい環境の刑務所生活で友人を得たりささやかな成功を勝ち取ったりする、サクセスストーリー、かな?違う?ともかく名作です。

    刑務所の誰も来ない図書室で司書をするって言うとあれだ、ショーター・ウォンみたいだな、と。

    50年目に仮釈放された爺さんが世間に馴染めないと手紙にこぼすシーンが印象強い。

    こういう、生き方についての物語を安易に感動っていう単語で説明したくないなと思います。
    いや普段から使わんけど。

  • キングの作品はいくつも映画化されているけれど、
    中でも最高傑作の1つだと思う。

    無実の罪で終身刑として投獄されたアンディ。
    彼の刑務所の中での行動が素晴らしかった。
    その行動が囚人たちを変えていく。
    図書室の件での粘り強さは感動。

    ティム・ロビンスもモーガン・フリーマンも
    本当に素晴らしかった。

    あの、有名な雨の中のシーンは何度観ても胸に迫る。
    ラストの美しい風景も忘れられない。

    やんちゃな若者トミーが気に入っていただけに
    あの展開は大ショック。
    大好きなこの作品で、あれだけが残念でならない。

  • とても辛いけれど、最後の空がとても綺麗なのだと
    知人から言われて見てみた作品。
    タイトルだけは知っていたが今迄中々見る機会がなかった。

    見ている間はとても辛かった。
    画面から目を背けたくなることもあった。
    ただ、一番酷い場面は映されず配慮がされている。

    感動作と話題になっていた映画だが
    ネット上の評価は賛否両論、極端にわかれている印象だ。
    否定派の方の意見も理解できる。
    比較的淡々と描かれており、何かわかりやすい感動できるイベントが
    話の中で起こるわけではない。
    私は原作は未読なので、原作に比べて感動が薄く無難にまとめられ過ぎ
    という意見を見て、確かにそうなのかもしれないとも思った。
    確かに受け止め方は人によって大分左右される作品かもしれない。

    私は、この淡々と冷静な筆致で事実だけが描かれていくところが
    とても良かったと感じた。
    なぜアンディがあんなに強くいられるのか、理由も描かれていないが
    それもまた良いところかと思った。
    語り手はレッドなので、彼の視点から見たとすれば
    その描き方で正解なのだとも思う。

    淡々と誰にも話さず19年という年月をかけて穴を掘り続けた
    アンディの内に秘めた思いの重さは計り知れないが
    下水を抜けた後のあのシーンでの彼の感情の発露にその片鱗を見る。

    刑務所内でも無償で人助けをしてきたアンディは
    缶に封入した手紙でレッドの人生をもまた救う。
    これからの二人の行く末は勿論わからないが
    青く美しい空とアンディの笑顔に希望を感じた。
    あんなにも酷い目に合っていても、まだ笑えるのだと思った。
    それは、希望があるからなのだろう。

全671件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×