ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) [DVD]

監督 : シルベスター・スタローン 
出演 : シルベスター・スタローン  バート・ヤング  ジェラルディン・ヒューズ  マイロ・ヴィンティミリア 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012年3月10日発売)
4.15
  • (6)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142792327

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロッキー最後の挑戦。シルベスター・スタローンは年を重ねてもロッキーでした。

    • heine02さん
      ロッキー最後の挑戦。シルベスター・スタローンは年を重ねてもロッキーでした。
      ロッキー最後の挑戦。シルベスター・スタローンは年を重ねてもロッキーでした。
      2012/08/27
  • この長編のラストを飾る作品には名言が多すぎる。本当に感動した。

  • あの名作「ROCKY」を観たのは高校生の時。

    ロッキーの着ていた穴の開いたグレーのスウェットが欲しくて探し回りました。当時はいわゆるジャージしかなかったし、トレパン・トレシャツの時代でしたから。

    今のトレーニングウェアはカッコいいし、高いですね。CWXだなんだと。

    ボクシングなら、ださいオンボロでも様になると泪橋。少しかじったのはそれから10年近くたってから。おそいデビューですね。

    オヤジに勇気を与えてくれるという点では非常に(・∀・)イイ!!

    オリジナル「ROCKY」は間違いなく名作中の名作。

    その間のシリーズは、実はあんまり観てない。別にけなすわけではないけど、オリジナルを越えられないシリーズの典型みたいな気がして。

    さて、このファイナル。どうなることか。

    んん、いいね。真冬の灰色の寂しいフィラデルフィア。オリジナルに通じる空気感だ。

    地味ーに進んでいく中盤あたりまでの丁寧な描かれ方といい、楽しい。好感が持てる。

    だが・・・お定まりのトレーニングから試合のシーンまでって、どうだろう。

    あれ、それでいいの?それで終わり?(・へ・)

    という感想。

    総括として。

    この映画って、オリジナルを現在の技術を用いて、再構築したかっただけなんじゃないの?と

    音楽で言えばセルフカヴァー。

    途中まで良かったので、惜しい感が残ります。

    にしても、スタローンの血管の浮き方って異常じゃない?

  • 解説:

    シルヴェスター・スタローンの出世作にして代表作「ロッキー」シリーズの最終章。

    現役を引退し、愛妻エイドリアンにも先立たれ、おまけに一人息子との関係もこじれて満たされない日々を送るロッキーが、ある決意を胸に無謀な復帰戦に挑む姿を熱く感動的に綴る。

    ボクシング界のかつてのヒーロー、ロッキー・バルボアも今では引退し、地元フィラデルフィアで小さなイタリアン・レストランを経営していた。

    妻エイドリアンは既に他界し、息子のロバートは有名人の父に反発して家を出ていった。
    もはやかつての栄光とエイドリアンとの思い出にすがって生きるロッキーだったが…。

  • 「ロッキーザファイナル」、今ロッキー?って思ったのは失礼でした、これが完結だ!良い映画。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする