【Amazon.co.jp限定】涼宮ハルヒの消失 限定版 (スチールブック付き/完全生産限定版) [Blu-ray]

監督 : 石原立也 
出演 : 平野綾  杉田智和  茅原実里  後藤邑子  小野大輔 
  • 角川映画 (2010年12月18日発売)
4.62
  • (31)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 138
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111111463

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心打つアンドロイドの恋:
    年末に生じた怒涛のDVD購入ライフもとりあえずこれで一段落。
    BOX内のを1枚づつと数えると計18枚購入!他特典CDと他CDが計8枚
    ずい分買ったモノで、まだ涼宮ハルヒの弦奏と消失の特典BDは未見です。

    このBDセットはまず脚本のオマケが気が利いている、と思いました。
    BDと一体になっていて収まりも良いし、読みでもありそうです。
    作者自信の表れでしょうか?
    この風潮は広がるとイイな。
    スチールブックはそれほど有難味が無かったんですが、重ねて収蔵してあったDVDの本編の方を取り出そうとした処、ケースにヒビを入れてしまったので、大いに役立つことになりました(笑

    映画はやはり良く出来ています。
    163分と長尺なんですが、その分じっくりとした描きこみがあります。
    長門有希ちゃんの気持ちに入っていけて、特にラスト、病院屋上のシーンは感動的ですよね。
    アンドロイドへの深い共感と愛情は、作業用ロボットにも名前を点けてしまう日本独自の文明的背景もあるのか?
    人間を自然と分けない特別視しない、八百万の神信仰ともどこかで結びついている気もします。

    この作品は映画も観に行ったのですが、仕事の後のレイトショーであり、場所がちょっと遠方でもあったので、疲れていたんだよね。

    未だに不思議だな、と思うのは、観に行くまでの高揚した期待感と観に行った後の充実した感動です。
    行って良かったなあ・・・楽しいひと時だったよう、とつくづくと思い返せる。
    レイト・ショーは他にパラノーマル・アクティビティとアバターにも行っていて、それぞれオモシロかったんだけど、この映画ほど楽しかったなあ、という思い出はない。
    他の二作品が映画自体として劣るのか、というと、そういうこととも別なんですよね。
    やっぱり感情移入という点で、この映画は私により深くコミットしてきたんだと思います。

    特典DVDも楽しみにしましょう。
    今夜から明日に掛けて見ると思います。

  • エンドレスエイトのおかげで極限まで低下してた作品に対するテンションが十分に回復したクオリティでした。結局選ばなかった長門にも優しくしちゃうキョンは朴念仁かジゴロかどっちかわからないけどひどい。

  • 特典にはあんまり期待はしてなかったけど、何だかんだで見所は多かったかな。聖地巡礼にも今まで大して興味なかったけどちょっと行きたくなった。
    本編はもう言わずもがな。劇場版になると初めて聞いた時は、エンドレスエイトを短くすればテレビで出来ただろうに、と思ったものだが、ここまで素敵にやってくれるともう何も言えない。

    お気に入りシーンを一つだけ。病院の屋上でのキョンと長門の会話中、キョンが「ゆき」と呟いて、長門が自分の名前を言われたのだと思って顔を上げたら違ってたあたり。あそこの長門の仕草に、驚き喜びちょっとがっかりがあるような気がして(拡大解釈だという自覚はある。そう見えたんだもんよ)すっごい好き!あれ考えた人に大拍手!

  • 内容は言わずもがな。

    オーケストラと合唱の音楽がすごい。
    観ながら気付いたけど、Blu-ray/DVDの発売日と、劇中の日付が同じなんだ。さすが。

  • 2時間40分あまりの時間をまったく意識させない、堂々の大作。
    これはよかった。メガネ属性を持つ長門有希ファンは、これだけでどんぶり飯3杯は軽くいけるだろう。
    不毛とまで言われたエンドレスエイトを我慢して(?)見ていれば、こん回の長門のエラーにも納得がいく。
    名作だ。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

【Amazon.co.jp限定】涼宮ハルヒの消失 限定版 (スチールブック付き/完全生産限定版) [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

ツイートする