女優霊 [DVD]

アーティスト : 柳ユーレイ 
  • バンダイビジュアル
3.25
  • (21)
  • (17)
  • (40)
  • (19)
  • (7)
本棚登録 : 193
感想 : 41
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4934569639714

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ぞっとする、恐怖の想像力を膨らませることによって感じてしまう霊の不気味さ 日本のホラーのこういう所がすし

  • 後述。

  • Jホラーの源流といわれるだけあって、長い髪の女性が登場したり、静かな恐怖が全編にわたって感じられる。
    それは海外にありがちなド迫力の演出ではなく、画面端のさりげない不自然さといった演出である。

  • 古臭い映像(それがまた気味悪い)、変な音楽、撮影所で落下した若い女優の曲がった手足、邪悪に微笑むポスター……観てるだけで呪われそうな映画だなーと思いながら鑑賞。
    最後急にめっちゃくっきりはっきり出て来たやん!と笑ってしまい、クライマックスで怖さレベルがグンと下がった。
    怖くて震えながらストーリーに没入するというよりは、Jホラーの歴史を辿る感じで興味深~く観た。

  • 最初の人形のシーンと、若手女優が落ちたシーンが怖かったです。
    リメイクよりかは良かったと思います。

  • 終盤で謎の女を映し過ぎたのは汚点で、なんだただの人間じゃん!ってなるんだけど、それを差し引いても、透明感が美しく、まとまりのある映画。

  • 大笑いする女幽霊が気味悪い作品。


    この女幽霊は結局なんだったのか?
    昔起こった映画撮影中の女優転落事故との関わりは?
    そのときに撮影していた映画は女の幽霊が歩き回るといって遊んでいた母子。しかし母親に恋人ができ邪魔になった我が子を手にかける話。その内容と関係があるの?

    柳ユーレイが小学生のころにテレビで見たと言うがほんとは放送されていなかった。柳ユーレイはほんとに見たのか?何をみたのか?
    事故があった現場である映画撮影場で映画をとったから、女幽霊が出るようになるならわかるが、柳ユーレイが小さいころに放映されなかった映画をなぜか見ていたのは何故か気になる。

    どうしてそこに現れるのか。怨念の理由がはっきりしない映画はあまり無いですよね。あえてなのでしょうけど。。
    モヤモヤがのこった。

    最後の柳ユーレイが女幽霊に連れていかれるシーンでは、男性らしからぬ声をあげて叫びまくるのが一番びっくりしたかも。

  • 今時の目の肥えたホラー好きは観ると物足りないと思う。野暮ったさがあり、映像も古く、音響も話し声が聞き取りづらい。幽霊が出る理由がわからないから怖いと思うか、わからないからつまらないと思うかによっても評価が分かれると思う。私は久しぶりに観てみて「昔の怪談みたいだな」と感じた。理由のあるたたり話もあるけれど、「あれ?これだけ?」と思うような、現象のみを記した怪談も昔からある。この映画はもう少し理由が読み取れるけれど。理不尽で誰でも出会ってしまう可能性がある、そしてどこにでも転がっていそうな恐怖。そこに主人公が持つ(そして皆も一つくらい持っていそうな)釈然としない恐怖の記憶が合わさって、モヤのような不安感が漂う。
    この映画を怖いと思うかはこの恐怖を身近に感じるかどうかではないだろうか。


    話は変わるけれど柳ユーレイ(現・柳憂怜)さん、気負った感じのないいい役者さんだと再確認しました。

  • 画像の古めかしさと不気味さと恐怖が三位一体となってて面白かった。今どき映画のリズム感はないけど横溝正史テイストが好きならおすすめ

  • 2015.8.13

    しまった外した。

    中田監督の初作品という事といつまでも怖い映画ランクインするという事で期待したんだけど、駄目です。

    リングに着信ありや呪怨を見たら、物足りないです(ー ー;)

全41件中 1 - 10件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×