竜馬がゆく (新装版) 文庫 全8巻 完結セット (文春文庫)

著者 : 司馬遼太郎
  • 文藝春秋 (2012年3月13日発売)
4.56
  • (254)
  • (91)
  • (30)
  • (2)
  • (2)
  • 本棚登録 :1122
  • レビュー :118
  • Amazon.co.jp ・本 (1232ページ)

竜馬がゆく (新装版) 文庫 全8巻 完結セット (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何度もTV化されて有名。元々、京都市伏見生まれなので、色々と場所には共感が持てる。司馬遼太郎さんの小説は、結構、話の途中に解説が入るので、イマイチなんですよね。歴史上の人物だから仕方ないのかもしれないけど、物語として中断せずに書いてくれるともっといい。

  • 中学の頃はまりました。
    世間の龍馬のイメージ、幕末の偉人達のイメージって、やっぱりこの作品でしょうね。いろいろと話は横道にそれたりはするけど、司馬遼はすごいですね。

  • 最後は「竜馬を殺さないで!!」と叫びました。彼が生きていたら、歴史は変わったでしょうね。西郷たちも反乱を起こさなかったのかな。世の少年達に読んで、自分は何をするために生まれてきたのかを考えてほしいです。がんばれ、少年達!!

  • 現在、第4巻まで読破。
    幕末の歴史小説は初めてなので、慎重に読んでいます。
    感動ものです。

  • この本を読んで依頼、司馬遼太郎と坂本竜馬は私の中で「神」であります。この本を読まずに死んではいけない。なるべく人生の早い段階で読んで欲しい。

  • 若者のエネルギーがまぶしい本である。
    それぞれが社会に対して確固たる主張をもち、その実現のために命をかける。その姿勢がかっこいい。高校時代にも読んだが、大学生であるいま読むと前回とは少し異なった印象を受けた。彼らの勇敢さ、向こう見ずなかんじ、捨て身さ、がより心に残った。高校時代よりも、自分が登場人物の年代に近づき、無意識的に自分たちと比較したことが原因か。たとえば、いまのふつうの大学生なら、なにかやりたいことがあるとまずは大企業やオトナを頼りにしようとする。しかし、彼らは違う。たとえ誰も賛同してくれなくても一人でやりきるぞ、できなければ切腹して果てるまで、といった気概。いまの時代では考えられないほどの自信。社会をこう変えたい、そのためにはまずは自分がやる。
    「自分がやりたいことに一番近い会社はどこかなぁ、会社に入るためにはある程度妥協も大事だ」などとひよっている自分が恥ずかしくなった。自分たちのエネルギーを信じてみよう。

  • 福山雅治主演で龍馬伝として大河ドラマにもなった長編小説
    坂本龍馬の生い立ちから明治維新、寺田屋で暗殺されるまでの生涯の話し。
    薩摩、長州との同盟や船中八策など、日本の歴史上で時代を変えたと言える人物。
    ソフトバンクの孫さんなど実業家たちも愛読している。
    三菱の創業者も話しに出てくる。

  • やっぱいいよなー。読むたびに自分が成長(退化)しているからか感想変わります。以前は単純にかっこいいからって理由で寺田屋事変あたりが面白かったけどこの前読んだときはなんか陸奥宗光に共感した。

  • 司馬遼太郎の描く竜馬の人柄に心を打たれた。
    自分の人生に強く影響を与えた本だと思う。
    読み終わると同時に高知まで竜馬に会いに行った記憶が懐かしい。

  • 男の子なら一度は読むべき本!!
    初めて読んだのが十数年前。
    今までに4~5回は読みましたが、年齢によって受ける印象が変わるので、何度読んでも面白いです。
    多分この先も数回読むことになるでしょう^^

全118件中 1 - 10件を表示

竜馬がゆく (新装版) 文庫 全8巻 完結セット (文春文庫)のその他の作品

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
デール カーネギ...
村上 春樹
村上 春樹
東野 圭吾
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

竜馬がゆく (新装版) 文庫 全8巻 完結セット (文春文庫)に関連するまとめ

竜馬がゆく (新装版) 文庫 全8巻 完結セット (文春文庫)はこんな本です

竜馬がゆく (新装版) 文庫 全8巻 完結セット (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする