映画 クレヨンしんちゃん 電撃! ブタのヒヅメ大作戦 [DVD]

監督 : 原恵一 
出演 : 矢島晶子  ならはしみき  藤原啓治  こおろぎさとみ  IZAM 
  • バンダイビジュアル
4.09
  • (28)
  • (29)
  • (18)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 184
感想 : 15
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4934569639608

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ぶりぶりざえもんがイイやつ過ぎるっ!
    めっちゃカッコいいし!

    ぶりぶりざえもん好きの俺には
    ぶりぶりざえもんの登場が遅かったかな
    短いし

    でもイイ話だ!

  • トイレはどこだ
    背が7センチアップ
    (私このシーンでどれだけ笑ったんだろ)

    ぼーえいたい皆で見た空が凄く綺麗

    それとぶりぶりざえもんかわいいーかわいいー1匹私のところにおいでー(えー)
    ぶりぶりざえもんが消えていくシーンは号泣してまう真面目に。そして飛行船をおしてあげるシーンでまた泣く

  • 塩沢兼人氏がいなくなられてからもう10年以上。彼の演じたキャラクターは何でも大好きでしたが、その中でも特別に好きだったぶりぶりざえもんにどうしても会いたくなり。
    期待を裏切らない、塩沢兼人節でした。
    タコだのボケだの罵倒してみたり、お下品な下ネタを飛ばしたりしても、どこか気品の残るあのお声。惜しいひとを惜しい時期になくしたものです。
    ぶりぶりざえもんの登場シーンまでにも、ふいをついて笑わせてくれるシーンがたくさんあって、クレヨンしんちゃんという作品の持つ笑いのクオリティに感服いたしました。それでいて、親の愛情なんかも入れてくるのだから、すごい。
    役者陣も豪華で、まさかあのくっだらない駄洒落で笑い転げている変人が、速水奨だったとは。あの美声をこんな使い方するなんて。素晴らしい。

  • ぶりぶりざえもんのせいで何度泣いたか…

  • 親子愛はもちろんぶりぶりざえもんとの友情と人としての生き方を考えさせられるとても観やすく、何を伝えたいのかわかりやすい作品。ぶりぶりざえもん好きにはたまらない。

  • 粗茶ですが、、

  • 何度見ても同じ所で笑って、ちょっと泣きそうになる映画。

  • まあまあかな。しんちゃんらしい、笑える場面が、思ったより少なかったのが残念。

  • 劇場版クレヨンしんちゃんだったら一番かもしれない。戦闘シーンがたまらないねえ。

  • しんちゃんらしく、ふざけているんだけど最後の最後には泣ける。

全15件中 1 - 10件を表示
ツイートする
×