新マンガ日本史 3号

  • 朝日新聞出版 (2010年11月2日発売)
3.83
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910211021106

新マンガ日本史 3号の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本書紀に「雀鳥」「猪」と表現され、小太りをイメージさせる蘇我馬子。
    まさかのイケメンで登場。

  • シリーズ第三弾、蘇我馬子です。
    申し訳ありませんが作者さんのことを知らず、この時代が好きなので買いました。

    いろんな作品で蘇我馬子、推古天皇のことを読みましたが、この作品のお二人はかわいらしいイメージがありました。
    蘇我の血(権力)のため、いろんな戦いがあった時代。
    子どもの頃とかはわからないですが、姪とおじといえどもそんな2人でほいほい会えなかっただろう!というつっこみ(この時代結婚してましたからね)はあるものの、推古天皇のかわいさに許してしまった私です。

  •  職場(進学塾)で小学生の生徒たちにも見てもらおうと思い購入。

     そして馬子⊿。歴史の上ではどうしても「悪役」として位置づけられる蘇我馬子の立ち位置を、漫画ならではの解釈と切り口でとらえているのが非常に新鮮でした。

     思えば歴史の研究というのも日々進められ、新しい解釈や発見もあるのだろうから、こうした手軽な形式で、定期的に最新情報に触れられるようにしておくのがベストなのかも。電子書籍の出番でもあるような気がしています。

全3件中 1 - 3件を表示

新マンガ日本史 3号はこんな雑誌です

ツイートする