モテキ 1-4.5巻コミックセット (イブニングKC)

  • 講談社
4.11
  • (21)
  • (31)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 156
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・マンガ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いやぁもう、面白すぎた。レンタル期間中、毎日毎日繰り返し読んでました。
    人気沸騰中だった頃は実はあまり興味がなかった。試し読みしたとき、主人公の卑屈さについていけないなということもあり。(あとはまぁ、人気作品には手を出しにくいといういつもの天邪鬼。)
    その後、テレビやラジオでの久保さんのこじらせっぷりがツボにハマり、久保さんのマンガを初読みしたのはラジオ本だった。やっぱり久保さんの本業をちゃんと知りたい!と思い、今頃読むことになったのだが…むしろ「モテキ」ブームが一段落した今でよかったのかもと個人的には思う。
    いや~、参りました!うまく言葉にできないような微妙な男心や女心をここまでさらけ出してくれるとは。せっかくのモテ期を生かせず空回りしまくる主人公の幸世君。痛すぎるんだけどほっとけない。ナイーブすぎるかと思いきや唐突に図々しくなったり、行動がちぐはぐしぎてかなりじれったいキャラなのに突き放しきれない。こんな人身近にいたらめんどくさいよな(笑)ルックス的にも特別イケメンでもなくブサイクでもない微妙なラインなのに、たまにかっこよく見えてしまうところがまた困る。
    彼を取り巻くメインの4人の女子もそれなりにクセがあってそれぞれめんどくさいです。でもそのめんどくささ、多少は共感できるんだよね。青年誌「イブニング」連載とはいえ、女性目線だからこその絶妙なツボ。プラス、これまで久保さんが少年誌で培ってきた経験も確実に生きてるなと思う。だから色々新鮮に感じられるのよね。すれ違いまくりの心理描写が赤裸々すぎて苦しいのに、ふいに現れるラブシーンにときめいてしまう。甘すぎないキュンキュン加減がうますぎる!少女漫画のパロディシーンも大好きです。気付いてないネタも色々ちりばめられてんだろうなぁ。
    そして、全話のサブタイトルが全て歌のタイトルってのもナイスです。大江千里や柴田恭兵、中山美穂など懐かし系から、フェスおなじみのバンドの曲まで、選曲のセンスが光るなぁ~。「モテキ的音楽のすすめ」というコンピレーションアルバムが出てますが、このCD聴きながらマンガ読みたいもん。モテキきっかけで、あまり興味のなかったバンドの曲まで聴きたくなりましたわ。
    4.5巻収録のモテキ対談も読みごたえがあって本当に面白かったです。
    あ~、気に入りすぎてレンタル返却したくない!常に手元に置いておきたい。機会があればドラマと映画も観たい。今更モテキワールドにどっぷりです。

  • 藤本君の自信のないゆえに、ぐるぐる考えちゃったりするところ、わかってしまう。
    相手が何考えてるかわかんない、こわいって鎖国状態にしてしまうんじゃなくて、
    相手もいろいろ悩んだり、傷ついたり心配ごとを持ってる人間なんだから、人間同士ってこと忘れずにいたいなぁと、思いました。反面教師‥。
    オム先生が誰も自分を責めない‥とびくびくしてるシーンが好きでした。
    キャラクターでは林田女史がすき。かっこいい。

  • 最後まで共感できずに終わったけど、4.5でやっとちょっと面白いと思えた。

  • ・思ったよりコンパクトに終わったのを含め、初めからは予想もつかない終わり方をした。
    ・恋愛が主題かと思いきや、シングルの社会人が自分の市場価値を見定めつつたまに賭けにも出て挫折しながら相手をゲットする話。
    ・いい商品も推しが弱ければ売れないし、瑕疵だらけでもゴリ押しで売れたりする。魅力的でも不安定な商品には注意しないといけない。
    マーケティングや就活にも通じる社会人の在り方を学ぶことができた。
    ・成就した恋も玉砕した恋もあれ爽やかな終わり方。

  • 最高の物語。
    だらだら続くのもよいが、このくらいまとまってるのがほんとおもしろい。
    最後まで一気読み❗

  • 1~4
    完結

  • 久保さんご本人もおもしろい。
    ANN0もおもしろい。

  • 4.5は未読

  • ガールズサイドも含めて全巻読了。短かったのな。映像化されてるし、10巻くらいまで続いてたのかと思った。

    思ったよりも面白かった。急にモテ期が訪れてウハウハ状態で遊ぶ、的な話かと思ってたんだけど、急な周囲や環境の変化に反応しきれず、流されてしまう人々を書いた本なんだな。

    流されない人もたまにはいるけど、ほとんどの人は流されてしまうことがあるわけで、そこが共感を呼んだのかな、と思ったり。読者は誰でも、道場人物の誰か、あるいは複数、に対して、共感してると思うんだよね。だからより面白く感じるし。

    僕は幸世と島田と両方に共感するものがあったなぁ。周囲に阿ったり流されたり下駄を預けたり。理想論を言えば、自分で下駄を履き続けないといけないんだろうけどね。

    3巻~4巻前半の幸世のどん底自虐モードは、痛々しかったな。。自虐を突き進めて、どうしようもなくなるところに妙に共感できたりして。

    まあ、結論を言うと、色眼鏡で見てたけど、読んでみるとなかなか面白かった。結構お勧めできます。4巻+1しか出てないから、簡単に読めるしね。

    DVDも借りてみようかな。

  • 主人公に感情移入しすぎて読むのがしんどかったですけど
    まあなんだかんだ楽しいよね 恋愛でじたばたするの

全30件中 1 - 10件を表示

プロフィール

出身:長崎県佐世保市、血液型:A型、デビュー:mimi『しあわせごはん』(P.N. 久保美津子)、受賞歴:‘93「なかよし」まんがスクール期待賞、‘94「なかよし」まんがスクールギャグ部門銀賞。週刊少年マガジンにて『3・3・7ビョーシ!!』『トッキュー!!』、『アゲイン!!』連載、イブニングにて、『モテキ』連載。他の作品に、Kiss『くらげ』全6回連載・Kiss『幸子の夢はいつひらく?』読み切り・ヤングマガジン『リンダリンダ』読み切り、など。コミックス:『3・3・7ビョーシ!!』全10巻、『トッキュー!!』全20巻、『モテキ』全4.5巻、『アゲイン!!』全12巻巻。

久保ミツロウの作品

ツイートする