ラストマン・スタンディング [DVD]

監督 : ウォルター・ヒル 
出演 : ブルース・ウィリス  クリストファー・ウォーケン  ブルース・ダーン 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2010年11月23日発売)
3.00
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135836083

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 用心棒のリメイクというから観たら、リメイクのリメイクなのか。だから跡形がほんの骨子だけで中身は全然でした。ブルース・ウィルス好きの為の映画。
    ストロッジ→ドイル×フェリーダがなんとも歪な荒野マフィア男同士のあれな映画。
    ドイルがフェリーダについて、彼女の最初の夫のチンピラメキシコ人が彼女に与えたのはガキだけだった、オレが彼女に会った時、彼女は服を一着しか持ってなかった、と語る。そのガキ一匹を与えてくれた夫に、そのガキに、どれだけ彼女が焦がれているか分からない価値観が絶対分かり合えない、テメエの世界だけの価値観押し付けマンいる〜〜手のつけようがないのを無言で殺せる世界に私も生まれたかったな〜〜(大の字)
    ブルース・ウィルスがかっこよいけど博愛主義者すぎてもう1人のブランドには耳を削がれる一生の傷負わせたのは反省してほしい。女好きも自分が迷惑する範囲でしろ、と女は思いました。

  • ブルースウィルスがかっちょいい

  • リメイクらしいけど何かが足りないような…

  • 例の『ダイハード/ラストデイ』のせいで、「ブルース・ウィリスなら何だっていいよ、もう・・・」みたいな投げやりな感じでレンタルしちゃった自分がバカだったのかな・・・。
    悪い予感は薄々してたんだけど・・・。

    OPでクロサワの文字が出てきたので、そこでやっと思い出した。
    これ、『用心棒』のリメイクのやつじゃん!って。
    いやー、クソ映画でしたわ・・・。
    もうね、めちゃくちゃ眠くなりました。

    どこが悪かったか。
    ストーリーはもう知ってるんですよ。けっこう忠実にリメイクされてるから。
    で、それがどうこうっつってもリメイクなんだし、そこは良いんだけどさ。
    『用心棒』で僕が好きだった部分が何ひとつないんです。

    まずキャラクター/キャストの面白さがない。
    かろうじてライバルの仲代さん役はクリストファー・ウォーケンだったけど、
    他が全然なんですよ。よく知らん人ばっかりで。
    酒場のおやじ(東野英治郎)のキャラをふたつにわけて、
    片方を保安官にしてるんだけど、東野さんにはかなわんよ・・・。
    というのは『用心棒』ってコメディタッチな部分があるじゃないですか。
    全然なくて、ハードボイルドで。

    あと、これもうネタバレになりますけど、
    だいじなだいじな包丁と棺桶がね、ないの。
    これ超大事な要素じゃん!!!!
    包丁も棺桶も出るんだけど、使わんのよ・・・。
    だったら忠実にリメイクせずに、違う要素を入れればいいのに・・・。

    これね、元々が
    西部劇+ダシール・ハメットの『血の収穫』=『用心棒』で
    それを西部劇に先祖返りさせたのが『荒野の用心棒』。
    で、この映画は『血の収穫』の方に先祖返りさせている。
    原作まんまってわけじゃなくて、ハードボイルド風にってこと。

    『血の収穫』が出たのが禁酒法時代なので、
    一周回って逆輸入、先祖返りしてる作品。

    面白い映画ってのは、他の作品から色んな要素を持ってきてることが多く、
    「えっそんなとこから?」「それとこれ合体させちゃった?」って方が
    たぶん面白いものができると思うんですよね。
    『用心棒』は何が面白いかというと、
    チャンバラに西部劇とか探偵もの、コメディの要素を入れてるからで。
    先祖返りしてるんで、良い要素が全部削がれてるんです。

    あと、銃ですね。
    刀だといっぱい殺しても面白いんだけど、
    銃だとただぶっ放すだけで・・・特にこの映画は撃って殺しまくるだけで。
    全然おもろくないんですよ。
    そうすりゃ面白くなると思ったら大間違いです。勘違いしてます。
    ゾンビ映画とかスプラッタとかもそうでしょ?
    いっぱい殺すとさ、バカ映画とかB級映画とか違うベクトルになるじゃん(笑)。

    ガンアクションとかバイオレンスとかって、
    実は銃弾一発でも魅せることができるんですよ。


    たぶんこれねー、酒場のオヤジがちょっとブシェミに似てるんだけど、
    ホントにブシェミを使ってコメディ要素を入れるだけで
    全然違ったと思いますよ。
    あとは、ギターケースにマシンガンを入れるなど工夫してですね・・・

  • ブルースウィルス主演の西部劇。
    用心棒のアメリカ版!
    原作がイイだけに面白かったです。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ラストマン・スタンディング [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする