プロジェクトA デジタル・リマスター版 [DVD]

監督 : ジャッキー・チェン 
出演 : ジャッキー・チェン  ユン・ピョウ  サモ・ハン・キンポー 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2010年12月17日発売)
4.17
  • (42)
  • (27)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :192
  • レビュー :31
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113760867

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々の視聴。ジャッキー、ユン・ピョウ、サモハンの3人が出てる映画はやはり観ておいて損はない(「スパルタンX」にはかなわないですが)。

    その3人がなかなか揃わず、ジャッキーが内輪ゲンカばかりしている前半はかなり
    かったるいですが、路地での自転車アクションあたりから俄然盛り上がってきます。時計台からの転落もすげー。

    でも最後の対決シーンが3人対1人なのは勿体なさすぎる?

  • 映画館に行きました!トリオの活躍必見!

  • ドラゴン隊長率いる海上警備隊は、海賊退治の計画を立てては失敗していた。ある夜、出撃前に船を沈められてしまった失敗から、ついに海上警備隊は解体され、ジャガー率いる警察へと編入されてしまう。初めは反目し合っていた元警備隊メンバーとジャガーだったが、殺人犯逮捕の修羅場をくぐり抜けたことで友情が芽生える。そんな中、海賊による英国大使の拉致事件が発生。ドラゴンは必死の嘆願により救出部隊を結成。海賊退治の秘策「プロジェクトA」を実行に移す。言わずと知れたジャッキー・チェン、サモ・ハン、ユン・ピョウのゴールデントリオ共演の超大作。これまでの「香港映画=クンフー映画、武侠片」という偏見を払拭し、ハリウッドと肩を並べる第一級の娯楽作品を生み出す強大ジャンルであることを知らしめた。冒頭いきなり酒場で大喧嘩、中盤では路地裏の自転車チェイスと高さ25mの時計台からの落下、そして海賊との死力を尽くした最終決戦まで、全編体を張ったド迫力の見せ場が連発し、息をつかせない。まさに、いつ見ても何度見ても最初から最後まで最高に面白い傑作活劇巨編。我が人生のオールタイムベスト!(当然、吹き替えがおすすめ)

  • 正直今作はあまり好きな作品ではなく、今までで2度ぐらいしか鑑賞した事がありませんでした。
    理由はユン・ピョウさんが偉そう(笑)という、本当にくだらない理由だったんですが、「スパルタンX」の印象が強すぎて当時は違和感しかなかったんですよね・・
    今回ふと思い立ち懐かしくて観てみました。
    いや~面白かったです。
    途中中だるみを感じるところもありましたが、それでも流石ジャッキーと言わざるを得ないですね。
    時計塔からの落下シーンはもちろんのこと、アイデア溢れるアクションの数々に今作が高い評価を得ていることに改めて納得しました。
    大人になった事で違和感もなくなったし(笑)これからはちょくちょく観直したいです♪

  • ストーリー
    海賊退治に乗り出した海上警察隊員の活躍を描いた、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポーの香港三大スター共演による痛快カンフーアクション。デジタル・リマスター版。「ハッピー・ザ・ベスト!」対象商品。

  • こういう映画大事!気分爽快!

  • ジャッキーのデビュー10周年を記念して作られた作品。海軍警備隊のジャッキーが、ユン・ピョウ、サモ・ハン・キン・ポーの協力の下、海賊たちと繰り広げる戦いを正に命懸けのスタント(20数メートルもの時計台からの落下シーンでは首の骨を折り本当に死にかけた)満載で描いた超コミカル・アクション大作。

  • 男の映画、というより少年たちの映画。机粉砕させてみたい~

  • ジャッキー映画の金字塔。幼い頃に見た記憶が鮮明に蘇り、終始ワクワクが止まらなかった。

    ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ、サモハン・キンポー、魅せてくれます。

    CGではない生身の人間のアクション、壊れ易い机や椅子、最後は集団リンチからのダイナマイト。

    どれも有る意味すごい。

  • 「うろおぼえジャッキー映画をちゃんと観る会」を再結成したので鑑賞。
    やっぱりこの時期、'80年代中盤の作品がものすごくて
    『プロジェクトA』はジャッキー映画の中でも有名なもののうちのひとつ。
    すべてはこれから始まった!的な・・・

    '85年の『ポリス・ストーリー』と双璧をなすぐらい有名だけど、
    やっぱり『ポリス・ストーリー』派なので★4にしましたが
    極めて★5に近い・・・。

    この映画はジャッキー、ユンピョウ、サモハンの
    三大スター共演が目玉なんだけど、
    逆にそのせいでジャッキーが全てではなくて・・・
    途中まではジャッキーがすごいんだけど、
    真に面白いのはサモハンだっていう映画w
    この映画のサモハンは最高でした・・・

    中盤のジャッキーアクションはもちろんすごいですね。
    有名なチャリンコアクション、そして例の時計台のシーン。
    ハロルド・ロイドが元ネタですけど、
    『バックトゥザフューチャー』や最近だと『ヒューゴの不思議な発明』とか。


    ストーリーは無茶苦茶。話がよくわからん!!!
    と、思ってたんだけど映像特典でカットされたシーンがついてて
    これがかなり尺が長い。
    これを観たら話がかなりわかりやすくなったので、
    ここがカットされたのが原因じゃないかなあ。
    ノーカット版とかは無いんだけど、その方がわかりやすかったと思う。

    ギャグはかなりキレがあって、2箇所ほどとてもいいです。
    棒で殴るシーンと合言葉のところ。
    ラストのオチはいつもどおり超くだらないw
    ジャッキーってすっごくくだらないオチでラストを締めることが多いんですよね。


    まあでも結論として、この映画で最高なのはサモハンでした。
    サモハンがかっこいい!!面白い!!
    先輩だから顔を立てたのか、それともこの作品で
    仲が悪かったサモハンとジャッキーが和解して共演したからか。
    ともかく3人の共演とジャッキー映画の快進撃はこの作品から。
    サモハンが監督した『スパルタンX』~『サイクロンZ』に続きます。

全31件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする