フェイス/オフ [Blu-ray]

監督 : ジョン・ウー 
出演 : ジョン・トラボルタ  ニコラス・ケイジ  ジョアン・アレン  ジーナ・ガーション  アレッサンドロ・ニボーラ 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2010年12月22日発売)
3.95
  • (17)
  • (23)
  • (14)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 127
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241712165

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジョン・トラボルタとニコラス・ケイジのダブル主演とも呼べる異色(移植)のアクション作品。

    序盤から迫力ある銃撃&爆破シーンの連続で目が離せませんでした。
    そして終盤は、それに加えてニコラス・ケイジによる一人二役が印象的。
    (吹替えなら神谷明さんによる一人二役)

    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • 最も忌むべき、憎むべき相手の顔に換えられた男の話。メイン2人の演技力はもちろん、始終たっぷりアクションで観るの始めてじゃないのに十分楽しめた。

  • スローモーションを駆使した華麗なる銃撃戦飛ぶ鳩男同士の熱すぎるぶつかり合いクライマックスの超過激アクションのつるべ打ちIt'sジョン・ウーstyle!!ケイジ&トラボルタの熱演に加え、ジョン・ウーの持ち味が最大最強に発揮された世紀の大傑作。Blu-rayの高画質&高音質で思い切り堪能すべし。

  • アクションは好きではないが、それぞれの執念と入れ替わりの演技のうまさに惹きこまれた。
    途中少しぐろいシーンがあるが、後半はずっとアクションの連続で面白い。

  • ドキドキサスペンスと
    よくあるどんぱち
    そして、なかなかしぶとく死なない2人対決
    アダムとイブ
    いやー
    面白かった
    悪い人の中にも、兄弟を思う心とかあるんだなあと思った。

  • ニコラス・ケイジ、いいねえ。この顔。なによりもこの顔を愛でる映画だね。

  • ※暴力及び流血描写の含まれる作品です。

    【印象】
    米連邦捜査官とテロリストが顔面を交換。
    立場だけが変わった人間はどのように変質するか。
    顔と環境と自我。

    【類別】
    サスペンス、アクション、ほんの少しSF。

    【脚本等】
    序盤は飽き飽きするかもしれません。
    緩急のない場面は幾らかあるもののそれを補うに足る場面もあるでしょう。

    【画等】
    一部の描写には顔の表皮が無い状態のものもあります。
    刑務所での対峙や鏡越しの撃ちあい、葬儀の場面を見所に感じます。

    【音等】
    クラシック風。減り張りの感触があります。

  • [1997年アメリカ映画、TV録画鑑賞]<<再鑑賞>>

  • 勧善懲悪+サクセスストーリーで非常にアメリカらしい。

    トロイとしては警察官を殺すことも厭わないアーチャー。

    立場と人格の相互関係。
    人の本来の性格はどこまで??

  • ジョンウーのセンスには脱帽だわ、入れ替わりの特性をうまく活かしてる

全12件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする