角川映画主題歌集

アーティスト : 映画主題歌 
  • EMIミュージックジャパン (2011年1月25日発売)
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988006225909

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 膨大な制作費と宣伝費を突っこみ、しかもストーリーは壮大で大味、でも主題歌への力の入れようは尋常ではなかった、角川映画の主題曲集。

    ジャケットにレイアウトされた、どのポスターも見おぼえがあるところがすごい!しかも主題歌本体を聞くと、どれも口ずさめたり、映画のキャッチコピーも言えたりするところが、これまたすごい刷り込み効果だと思う。

    以下、収録曲に関してのスポット感想。

    ・『―の証明』シリーズのテーマ曲にはどれもじんとくる。『人間の証明のテーマ』は、西條八十『ぼくの帽子』という詩の英訳であるというのは知っていたけど、英訳した人物は知らなかったので、ライナーノートを見たときに結構驚いた。

    ・『蘇える金狼のテーマ』は、記憶よりもテンポが遅かったのが発見。

    ・『スローなブギにしてくれ』『守ってあげたい』『セーラー服と機関銃』『探偵物語』『晴れ、ときどき殺人』で、イントロを聞いたとたんに歌詞も思い出して熱唱。

    ・『汚れた英雄』『光の天使』の、ローズマリー・バトラーの歌唱力がハンパない。

    ・今聴くと『里見八犬伝』が結構素敵に聴こえる。「星よ、導きたまえ」のセリフが脳内リフレイン。

    ・『Woman “Wの悲劇“より』は、先日のドラマで平井賢がカヴァーしていたが、オリジナルのほうが断然ワンダフル。

    音源もクリアで、聴いていて愉しい1枚でした。

  • 薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」。どういうわけか、ほかのコンピレーション・アルバムでは別バージョンの場合が多い。このアルバムでは、オリジナル版で聴ける。

  • 2011年に発表された角川映画の主題歌のコンピレーションアルバム。"犬神家の一族"の不穏な主題歌から始まり、人間の証明、蘇る金狼などハードな作品から、ねらわれた学園や時をかける少女などのアイドル映画までどれも印象的な主題歌が並びます。まとめて聴けるのはとても嬉しいです。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする