週刊 ダイヤモンド 2010年 12/4号 [雑誌]

  • ダイヤモンド社
3.04
  • (1)
  • (4)
  • (14)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 79
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910202411206

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スマートフォンはパソコン系雑誌の方が分かりやすいと思います。98幕府へDOS/V・Windows黒船来航と同じような気がします。

  • GALAXYの扱いがXperiaより大きい…orz
    意外にも現時点ではandroidのアプリはiphoneのそれより少ないんすな。

  • 「ダイヤモンド」でスマートフォン特集なんて珍しいんじゃないでしょうか?
    最近は、猫も杓子もスマートフォン!って感じですけど、フィーチャーフォンとスマートフォンの棲み分けってなんになるんでしょうね。
    フィーチャーフォンもタッチパネルは当たり前だし、夏野さんも「私がdocomoの社長ならケータイのOSは全部Androidにするー」って言ってましたけど、そうなった場合(例えば、テンキー付きのケータイのOSがAndroidとか)はどっち?iモードサイトが見れたらフィーチャーフォン?

    さて、本書のスマートフォン特集にフィーチャーしてピックアップしてみました。
    全体的にiPhoneよりAndroidの将来性が評価された内容になってます。
    英語を学ぶ為のお薦めパソコンサイトで紹介されていた「週刊STオンライン」は中々よさげなサイトでしたー

    http://sorareadbooks.at.webry.info/201012/article_8.html

  • 日本での所有率はまだ20%弱。iPhoneの独壇場。
    サムソンのGalaxy S は世界で100万台売れた。
    いずれはスマートフォンと呼ばれずに当たり前のインフラになる。
    キャリアは垂直統合ビジネスモデル(i-mode)から水平展開モデルに移行しつつある。
    ドコモは完全に管理できる従来型のi-modeビジネスモデルを続けながら、少しずつアンドロイドでもトラフィックを稼ぐ仕掛けづくりを拡充していく。和魂洋才でやるそうだ。
    シャープの開発体制もガラリと変わった。海外市場の攻略なくして日経メーカーの活路はない。
    アンドロイドは無償OSだから開発費は下がる。かつオープン。
    アンドロイドマーケットで優良アプリを購入する場合はGoogle checkout というクレジットカード決済を利用するが、キャリアがアプリを販売する場合は月々の通信料と支払いを一括化できる。ユーザにとってはどちらが便利かはユーザ次第。

  • 2010/11/30読了。
    スマートフォンに買い替えようかと思っているガラケー使いの人には、各社の機種の比較がさらっと読めていい特集。もう持ってる人には物足りないかもしれない。法人の導入事例の記事はビジネス誌らしい切り口で面白かった。

  • スマートフォンを導入する企業は増えて来そうですね(^ω^) 便利なアプリの紹介など

  • 2010/11/29

全7件中 1 - 7件を表示

週刊 ダイヤモンド 2010年 12/4号 [雑誌]のその他の作品

ツイートする