セックスと嘘とビデオテープSE [DVD]

監督 : スティーブン・ソダーバーグ 
出演 : ジェームズ・スペイダー  アンディ・マクダウェル  ピーター・ギャラガー  ローラ・サン・ジャコモ 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011年1月26日発売)
3.08
  • (4)
  • (3)
  • (11)
  • (5)
  • (2)
  • 本棚登録 :53
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462074652

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょっと理解するのが大変だった気がする。多分自分の経験が足りないからかな。

  • いい映画だ
    好きだ
    あの最後のカップル二人とも好きだな

    フランス語続きだったからか英語ってなんて聞き取りやすいんだろう。
    字幕付きだが八割は理解できた。
    文字におこせるってことね。

    テーブルクロスみたいだなが効いてる笑

  • 男と女にセックスと嘘はあっても、愛と真実はないということを描きながら、そんな男と女に未来はないこともうまく描いている。

  • 初めて見たのは20代前半。当時はタイトルからサスペンスだと思って視聴しました。この度20数年ぶりに視聴。長くなるので後ほど書きます。

  • 0194

  • 誰の言葉にも心情にも、共感てきなかった。

    あんなに理解し合えない姉妹でも、電話したり会ったりするものかな。

  • セックスって過大評価されていると思うわ、って台詞がやたら印象に残ってます。弁護士の夫は、浮気相手から電話がかかってくるや否や、仕事をサボり、セックスに没頭します。当然、仕事は失います。浮気相手にフラれて、妻との離婚が決定してもなお、「男は仕事がなければ生きられないから」と強がる。あなた冒頭にノリノリで「結婚指輪をハメてからが、モテるんだぜ。本当さ」って言ってましたよね?

  • ジェイムズ・スペイダーが美人すぎる!!

    終盤、
    「夫以外でセックスしたいと思った相手は?」
    「…あなた」
    「僕も君としたいと思った」
    って辺りのやりとり(台詞がだいぶ曖昧ですがw)は、胸キュン。

  • 説明しがたい、共感を抱く、悩み深い、グレートーンの雰囲気に好感をいだきました。

    結婚生活が長くなれば、セックス、は情熱や愛以外のものからスタートするという感覚は、よくわかります。しかし一方で、やはり愛や信頼からスタートするものである必要がある。嘘、から生じた人間関係が最後には破綻していく教条的な終わり方ですが、映画のトーンがまったく嫌みでないため、腑に落ちました。

  • 再見。日本でいうところのバブル崩壊間際に作られた点が、興味深い。こういうやり方で現代の歪みを明らかにする方法もある。

全12件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする