秘密 DVD-BOX

出演 : 志田未来  佐々木蔵之介  本仮屋ユイカ  吹越満  石田ひかり 
  • 松竹 (2011年4月19日発売)
3.75
  • (3)
  • (9)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105062153

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 見る私の年齢が上がって恋愛対象が広がったせいもあるのだろうけど、手を出してこなさそうなおじさん小林薫と違って、イケメンで若い佐々木内蔵介とちょっとロリっぽい志田未来の組み合わせはなんか生々しいというか、悪くなかった。

  • 原作の本を読み、映画を観てドラマを見ましたがそれぞれに原作とは少しずつ設定が違っていました。でも、映画やドラマを観て思ったのは、原作で藻奈美と直子が入れ替わったのが小学5年生という設定は映像では難しいし無理があるのかなと感じた。映画やドラマで実現するには成長過程を一人の役者では無理ですからね。
    志田未来さんは子役から知っていましたがいい演技をしていました。佐々木蔵之介さんの平介役は最初は違和感もありましたが二人の息が合っているのでさほど気にはなりませんでした。最後場面で秘密の意味が明かされるシーン(表現されるの方がいいか)での表情は印象的でした。

  • 父、母、娘の三人家族。ある日、母と娘が乗っていたバスが事故にあった。その事故で母は亡くなったが、娘は生き残った。しかし、娘の中身は母に入れ替わっていた。それから、父と、外見は娘、中身は母の奇妙な生活が始まる。母として妻として生きていくべきなのか、それとも娘の人生を生きるべきなのか。家族皆がそれを思い悩む。結果、娘として生きていくことを決意し、母であることを捨てることになる。

    小説が原作で映画化もされた「秘密」のドラマ版。映画版では気づかなかったが、さすがに小説が原作ということもあり、ドラマとして長編化してみると、様々な伏線も張ってあったんだなーと。原作を読んでいないのでなんとも言えないが、主人公の心情が微妙にかつ複雑に変化していく様を映す手段としては、映画よりもドラマの方がじっくりと表現できてよかったのではないかと思う。
    そして、志田未来の演技が素晴らしかった。

  • 東野圭吾原作。

    内容は全くもって好みじゃなかったので観るか悩んでいたのですが、観たらもう惹き込まれました。まず主演の2人の演技が素晴らしい。藻奈美と直子の使い分けなどの演出もニクい。画も綺麗です。中々ない良作ドラマ。ただ最後すっきりしないかも。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×