小林賢太郎テレビ 1・2 DVD-BOX

出演 : 小林賢太郎  竹井亮介  茂木健一郎 
  • ポニーキャニオン (2011年3月16日発売)
4.40
  • (26)
  • (11)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 154
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013549722

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • BSプレミアムで深夜に1、2、3と放送してくれたので
    やっとまとめて見ることができて、ほくほくしています♪

    普段、生活の中でなにげなく使っている言葉が
    「小林賢太郎」というフィルターを通しただけで
    瞬く間に立体化し、膨らみ、ふわふわと浮遊し、
    時には疾走し、そして弾ける。。。

    まるで錬金術を見ているような
    ワクワクドキドキの時間を過ごせます!

    3のラストで明かされるアナグラムがすばらしいのだけれど
    まだDVD化されないのかな。。。

    • まろんさん
      思う壺がツボ!確かに♪
      あれを見たあとは、鋏とかピンセットとか錐を見る目が変わっちゃいますよね(笑)
      うまいことを言ったあと、「どうだ!」っ...
      思う壺がツボ!確かに♪
      あれを見たあとは、鋏とかピンセットとか錐を見る目が変わっちゃいますよね(笑)
      うまいことを言ったあと、「どうだ!」って顔してカメラ目線になるところも好き。

      トツカクは、きりのいいところでスパッ!と終わる編集もできるのに
      Fade outで暗転させてるところに、小林賢太郎の策略(?!)を感じます!
      あの、「永遠に続くよ?ニヤリ♪」っていう終わり方のせいで
      お皿洗ってる時も、洗濯物干してる時も、
      気が付くと「トツカク トツカク ツ ツ ツ」って
      唱えちゃってます(・_・;)
      2012/06/14
    • kwosaさん
      まろんさん!

      小林賢太郎、いいですよね。
      『ラーメンズ』や彼の一人芝居が地元でかかると、なるべく観に行くようにはしているのですが、全てを観...
      まろんさん!

      小林賢太郎、いいですよね。
      『ラーメンズ』や彼の一人芝居が地元でかかると、なるべく観に行くようにはしているのですが、全てを観ている訳ではないのでDVDはうらやましいです。

      彼がつくる芝居やコントは、まるで上質なミステリを観ているようで、ラストで「腑に落ちた」時のあの快感を味わいたくて、次も足を運んでしまいます。
      2013/01/23
    • まろんさん
      kwosaさん☆

      なんと、あの小林賢太郎さんの生の舞台をご覧になっているなんて!
      さすがkwosaさんですね。うらやましい♪

      ドラマや映...
      kwosaさん☆

      なんと、あの小林賢太郎さんの生の舞台をご覧になっているなんて!
      さすがkwosaさんですね。うらやましい♪

      ドラマや映画のみならず、小林賢太郎さんのことでもkwosaさんと意気投合できるなんて
      ブクログを始めてほんとうによかった!
      もう、足を向けては寝られません。(いったいどっちの方向なのかわかりませんけれど)

      彼のお芝居やコントって、観ているその一瞬一瞬にも驚きや感動があるのに
      最後まで見通したとき、また違うものが見えてきたり
      さりげなく、ひとつ前に演じた内容に繋がっていたりするのが素晴らしくて
      いったい頭の中はどうなってるの?と
      思わず覗いてみたくなってしまいますよね。
      私も今度はぜひ、生の舞台で観てみたいです!


      2013/01/24
  • レンタルで鑑賞。

    やはりポツネン氏たまらん。
    生が見たくなる。

  • ポツネンがすごく好きだと気づいた。
    小道具とか衣装とかツボなんだわな。
    鞄とか自転車とか。鞄買っちゃった。
    黒縁眼鏡+スーツに弱いだけかしら。
    2の手紙のコバケンがいちいちツボ。
    寝癖ボサで歯ぶらしモガは反則じゃ。

  • NHK BSHiで放送された「小林賢太郎テレビ」の1・2が2本組で発売~!
    小林賢太郎といえば「舞台」ですが、この人にかかればテレビでしかできない「芸術的コント」が思い浮かんじゃうんですね。ほんと天才だ。
    ラーメンズやポツネンなど小林賢太郎のDVDには基本特典映像等はなく、作品のみがDVDに収録されているため、コント作りの裏側も紹介されているこの番組は大変貴重。
    天才の発想が生まれる瞬間を目撃できます。

  • いやぁ本当に多才やねぇこの人。

  • 「小林賢太郎がテレビに出た。」


    年に1度の小林賢太郎祭り@NHK。
    共演は親族代表の竹井亮介さん。

    ソロワークでお馴染みのPOTSUNEN氏に扮した小林さんが
    テレビならではのコント・パフォーマンスアートを披露する番組です。
    3日でお題に沿った即興コントを作るという鬼企画が毎回あるのですが
    そこでアトリエの様子が見られるのがとても嬉しい。
    本当にこの人は努力の人だと思います。


    <収録>
    ▼ポツネン氏の不思議な一日(2009/2/15 O.A)
    Opening
    朝(※再編集版)
    ドキュメンタリー 1
    ショーウインドー
    ドキュメンタリー2
    クロマキーズ
    写真館にて
    ドキュメンタリー3
    腑に落ちない展
    小林賢太郎への「お題」
    小林賢太郎の「解答」


    ▼ポツネン旅に出る(2010/8/26)
    Opening
    森の奥より
    ポツネンの家1(※再編集版)
    マヨネーズ(※未放送コント)
    クイズ
    ドキュメンタリー1
    手紙 1
    そうだけど展(※再編集版)
    手紙2
    シリーズ「ない。」(※未放送コント)
    手紙3
    ドキュメンタリー2
    ドラマを装飾してみる
    小林賢太郎への「お題」
    小林賢太郎の「解答」
    手紙4
    ポツネンの家 2

  • 「お題」をもらって「解答」に至るまでの経緯を、メイキングとして観られるのは非常に面白かった。彼はやはりアーティストだな、と感じることができる内容だと思う。

  • テレビでしか見られない賢太郎さんです。毎回しみじみ思います、本当に賢太郎さんは努力の天才だと。

  • ポツネン氏を軸にした、コント寄せ集め。
    (ドキュメンタリ含)

    DVD1で、ナレーションの方が「カリスマ」とか言っているのが、
    観ていて恥ずかしかった、笑
    小林さんの「面白い」の概念が面白いなーとおもう。
    (かっこよくて面白かったり、不思議で面白かったり・・・)

    「写真館にて」がにんまりする。
    あと、「やぎさん郵便」。
    DVD2の方が、統一感があって見ごたえあるかも。

  • 1だけ観たけど、本当にすごい!
    私の陳腐な言葉でしか良さが語れないのが悔しい。
    絵が描ければなぁ。←

    まっすぐな瞳にクラクラした。
    2も必ず観ます。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小林 賢太郎(こばやし けんたろう)
1973年生まれ。多摩美術大学卒業。コントグループ「ラーメンズ」やK.K.P.(小林賢太郎プロデュース公演)、ソロパフォーマンス「Potsunen」の作・演出などを手がけ、芸人、俳優、劇作家、アーティストなど幅広い活動を続けている。
著書に『僕がコントや演劇のために考えていること』「小林賢太郎戯曲集」シリーズ、『鼻兎』『大喜利猿 墨』(升野英知との共著)など。

外部サイトの商品情報・レビュー

小林賢太郎テレビ 1・2 DVD-BOXを本棚に登録しているひと

ツイートする