DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう? スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

監督 : 寒竹ゆり 
出演 : AKB48 
  • 東宝 (2011年4月22日発売)
3.39
  • (13)
  • (19)
  • (29)
  • (12)
  • (2)
本棚登録 : 181
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104066213

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「個」が立ってるAKB48
    チーム力に定評のあるSKE48のドキュメンタリーを観た後だからか、個を強く感じた。

    ドキュメンタリーと言えど、肩肘張らずに観られる、等身大でマイペースな映像になっている。

    内容は、初めての組閣が中心。
    前のチーム、新しいチームに対するメンバーの葛藤やチーム愛が、それぞれ個人のインタビューで語られる。

    最後はたかみなの存在感が、どんっとあって締めくくられる。

    個人的にはNなっちさんや松井咲子さんが割と映ってるので嬉しい。

    ◆インタビューのあるメンバー◆
    河西智美
    宮澤佐江
    指原莉乃
    渡辺麻友
    板野友美
    峯岸みなみ
    小嶋陽菜
    北原里英
    柏木由紀
    大島優子
    前田敦子
    篠田麻里子
    横山由依
    高橋みなみ

  • アイドルというより少女が大人になっていくドキュメンタリーだった

  • 俄かAKBファンだったけどなかなかおもしろかった。
    全員を掘り下げてるわけじゃないけど、
    トップでよくテレビに出てる子たちメインじゃなくて、
    中堅どころ(?)な子に語らせていて、今まで顔と名前が一致しなかった子を覚えることができました。

    峯岸みなみが大変好きになりました。
    いいなー、あの子。

    そしてメンバーはたかみな好きすぎw
    とても良い子なんでしょう。

  • AKB48がブレイクした2010年の一年間を追ったドキュメンタリー。

    傑作ドキュメンタリーの1本としてあげられていたので、
    メンバーの名前と顔もほとんど一致しないまま観てみた(^^ゞ
    これってドキュメンタリーかなぁというシーンも結構あったけど、
    大勢のメンバーの中で自分を活かすためのキャラ作りって大変だなぁと思った。

  • AKBのファンでも何でも無いけど、このドキュメンタリーを観て、アイドルという職業を考えた時、彼女たちは「プロ」なんやと改めて感じました。

    覚悟の力って強い。

  • これだけいたら一人ぐらい好みの子が................................................................................年取ったのかな俺。

  • ヲタには感動的な内容なのかもしれません。
    ヲタではないので、メンバーのための思い出DVD的な感じかな(^^;;

  • ライブ映像皆無か・・・

  • 活躍している人は、裏ですごい努力をしているんだな。
    努力は報われるんだな。

    その意味で、一番印象的だったのは横山由依さん。

    それから、AKBの先を見据えながらも、
    AKBの中で差別化し、立ち位置を見つけてる人も多く、その前向きな姿勢を尊敬する。

    それから、
    みんなちゃんと取捨選択している。
    普通の学生生活を捨てて、AKBを選んでる。覚悟がある。

    今の私にはない。

    仕事のモチベーションが上がるドキュメンタリー。

  • AKBを見ると、知らず知らずのうちに生きやすいからという理由で捨ててきた大事なものを見せつけられるような気がして、気が引き締まる。夢を追いかけるために、悩んだり傷付きながら必死に努力する姿は、いま何者でもない自分にとってすごく強くて熱いものに感じる。この映画も、夢とか目標とか10年後とか、先まで見据えて努力してる姿が鮮明に映し出されていた。彼女たちのように強くなりたい。最近弱ってるので、AKBの映画が染みるのかなぁ。

全29件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする