ドラゴン危機一発 デジタル・リマスター版 [DVD]

監督 : ロー・ウェイ 
出演 : ブルース・リー  マリア・イー  ジェームス・ティエン 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2012年3月10日発売)
3.19
  • (5)
  • (4)
  • (20)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113761208

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブルース・リーのアクションは相変わらずかっこいい。
    ただ、話が全体的に暗い。誰も救われないエンディング。
    そのせいか、敵を次々なぎ倒しても爽快感があまりない。
    爽快感が足りない理由がもう一つ。打撃でなくナイフを投げたりして敵を倒しているからか。

  • ハニートラップにかかったり酔っぱらったりと他の作品にない演技が見れてよかった。ホイさんがパートナーみたいになって一緒に戦ってくれるのかと思ったら、序盤でやられて残念だった。ブルース・リーの作品での恋愛描写はこの-品が一番好きかも。

  • 敵役のボスがこととん悪い。人権無視。非情。殺した相手を氷付けにするような。あるがゆえに戦いがいのある相手でした。

  • いやー、びっくりするほどつまらなかった! まず田舎の町工場という舞台のしょぼさ。なかなか戦おうとしないブルース・リーの煮え切らない態度(敵にご馳走になったうえに女まで抱くとは…)。ようやく戦い始めたかと思ったら、ナイフで残酷に切りまくるという乱暴なアクション。クライマックスの相手はまさかのよぼよぼの社長だし、もうつっこむ元気も出ない。「燃えよドラゴン」もつっこみどころの多い作品ですが、これに較べたら、もう「不朽の名作」レベル

  • BSプレミアム録画>1971年。主人公チェン(B.リー)が紹介された製氷所はブラック企業だったwww
    チーーーート☆!wwwwリー先生が出てなきゃ正直見てらんない><。。昔の作品だから仕方ないけど監督の演出が色々と下手くそ過ぎて酷い出来。そこが面白くもあり退屈でもあり。。突っ込みどこ沢山。でもリー先生が可愛いから良し♪1・2・3・4のお茶目な行進場面wや泥酔し女の色仕掛けに嵌り、本来の目的を忘れるアホな一面wや人型に壁が抜けて敵が倒れるとこは笑ったwwwリー先生(チェン)がひたすら可愛い。笑顔が可愛い♪
    70歳母を思い出す度に流れるオルゴールBGMがうざい。自制しようとひたすら葛藤するが一旦キレてしまうと、もう止めらんないwwラスボス(社長)と直接対決するまでがひたすら長い。。流れる血ノリが嘘臭いのでリアリティなく全然安心して見れるwwwノラ・ミャオ可愛い♪

  • カンフーの達人チャオ・ワンはシュー一家の家に身を寄せながら、シュー達と共に製氷工場で働くようになる。
    製氷工場では従業員が失踪する事件が相次ぎ、正義感であるシューは工場長や社長に掛け合いに行くが、彼もまた失踪してしまう。
    チャオ・ワンは母から他人との喧嘩を堅く禁じられていたが、事件の解決を望んでストライキする従業員に対する、工場長側の暴行が始まり…。

    アチョーッ (っ`Д´)っっっ )3 `)・∵.
    ο(_ _ο)彡3アイヤー

    ブルース・リーは強いから危機一発にはならないでしょー、と思っていたら違う意味で危機一発な場面があったw

  • 香港凱旋後第一作。当初の主役はジェームス・ティエン。珍しくまともに働いている姿が見れる映画。1971年香港。

  • ブルース・リー初主演作品。
    ここから、ブルース・リーの伝説が始まったんですね。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする