コンチネンタル 《IVC BEST SELECTION》 フレッド・アステア セレクション [DVD]

監督 : マーク・サンドリッチ 
出演 : フレッド・アステア  ジンジャー・ロジャース 
  • IVC,Ltd.(VC)(D) (2011年3月25日発売)
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4933672238616

コンチネンタル 《IVC BEST SELECTION》 フレッド・アステア セレクション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フレッド・アステアがはじめて主演第一作。ジンジャー・ロジャースとのコンビ最初の主演作でもある。
    舞台で姉のアデールと演じた「陽気な離婚」が原作。

    コンチネンタルにみんな夢中。とっても素敵なリズム。
    コンチネンタルに合わせて踊るシーンが最高だった。

    そういえば、発音の違いでイタリア系の人たちが軽んじられていた時代もあったな。
    今では考えられないような描き方をしている。でもそのことを差し引いてもとっても楽しい、愛らしい映画だ。

  • ★★★☆☆

    ご存知フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの初主演作。

    この後、数々の作品を世に送り出すことになる名コンビが誕生した記念碑的作品だが、初主演からこれほど息のあったダンスを見せられると、まったくもって「偶然は運命の申し子」(劇中のセリフ)だなと溜息が出る。

    ミュージカル映画が苦手な人には、急に歌い出したり、ダンスを始めたりするのに抵抗がある、という意見が多いだろうが、アステア映画はそういう意味ではわりかし抵抗が少ない。

    たいていのアステア作品はアステア演じる主人公の役どころがダンサーだからだ。

    本作のアステアもやはりダンサー。

    レストランで財布を忘れ、自分が有名ダンサーだと証明するのに客前でステップを踏んでみせたり、愛しい人をなんとか振り向かせようと踊ったりする。

    もともとミュージカルというのはオペラから派生したもので、歌しかないオペラに少々の劇を加えたのをオペレッタといい、そのオペレッタの劇の要素を更に拡大したものをミュージカルというのだという。

    つまり、急に歌い出すのがおかしいというのは逆で、本来歌だけのはずなのに急に演技しはじめるのがミュージカルというわけだ。

    閑話休題。

    本作は原題を『The Gay Divorce(陽気な離婚)』というが、まさにアステアにぴったりの題名だと思う。

    アステアはとにかく陽気だ。

    私生活では人見知りする性格だったということだが、真面目な植木等が無責任男を演じたように、演技する上では自分から少し離れた役柄の方がいいのかもしれない。

    本作はその陽気さが映画全編にあふれている。

    一目惚れした女性を追いかけるのにいきなりカーチェイスはいくらなんでもやりすぎと思うが、終始あっけらかんとしているので許せてしまう。

    そしてダンス。

    映画ファンには2通りいて、それはアステア映画を観たことのある幸福なファンと、観ていない不幸なファンだといった人がいたが、確かにアステアのダンスには底抜けに人を幸せにするものがある。

    きらびやかな舞台の裏では人しれない苦労もきっとあったのだろうが、アステア映画を観ている間はそういうことは考えず、ただただ陽気にはしゃぎたい。

  • 原題の「The Gay Divorcee(陽気な離婚女性)」が気になっていたが、観終わって納得。

    完全なるガイ(アステア)の粘り勝ち。普通あそこまでしつこくしたら嫌われそうなものだけど…ダンスにやられてしまったのか。なら仕方ない。

    偽装不倫のプロ、トネッティの気持ち悪さが絶妙で、彼が画面に映るたびに笑ってしまった。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

コンチネンタル 《IVC BEST SELECTION》 フレッド・アステア セレクション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする