不倫期限 [DVD]

監督 : ラドゥー・ムンテアン 
出演 : ミミ・ブラネスク  マリア・ポピスタス  ミレーラ・オプリショル  ドラゴス・ブクル  ヴィクトル・レベンギュウク 
  • アットエンタテインメント (2011年4月5日発売)
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4529264148700

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • パウルは、銀行員。不倫相手は 歯科医。
    最初に 二人の裸体が。ラルーカに焦点があったり、
    パウルにあったりして、艶かしくもない 肉体。
    パウルには、妻がいて 10年になる。
    女の子は、サンタクロースの存在を疑う年頃。
    鼻くそを食べると言うのが、悪口 と言うかわいらしさ。
    パウルは、歯科医の純真さから、妻と別れることを
    決めて、妻に話をし、妻は認めることに。
    それだけのことだが、淡々と進んでいく。
    パウルのどこがいいのだろうか?

  • 淡々とした流れで、演技なのか、どうかすら分からない。

    男はずるい。

    男、女、夫、妻、子供、親、仕事、恋、愛

    それはごくごく普通の1人の男の日常。
    点と点だけ描いた映画じゃなくて、ずぅーーーーっと続く「線」の人生を写した映画。

    淡々としてるけど、決して飽きないし、もっと見たいと思った。

    この映画みて、なぜか恋したくなった。

    奥さん、えらい。

  • ★★☆☆☆
    理解不能
    【内容】
    妻アドリアナと、結婚して10年を迎えるパウル。アドリアナが自分にとって大切だとは思っているものの、彼女には絶対に言えない秘密があった。彼は5ヶ月前から、27歳になる歯科医のラルーカと不倫関係にあった。

    【感想】
    まったく理解できない。
    ・不倫相手の実家に行くか?
    ・不倫相手に子供の歯を任せるか?
    ・そのタイミングでカミングアウトするか?
    心理描写が不足しすぎており、パウルの選択が理解できない。

    エロティックなジャケットだがエロシーンはほぼ無い。単に裸の男女がウダウダしてるだけ。

  • なんとも淡々と進む映画です。

    演出としての音楽、効果音いっさいなし、
    ひとつのカメラでやや長回しで撮るスタイルで、
    構図もやや引き気味。

    会話だけで進んでいく映画なのですが、
    役者の演技も過度なものでなく、ごく自然。

    他人の私生活を、
    覗き見しているような感じです。

    まぁ、内容的にはどうということはないのですが、
    不倫というテーマをこういう形で映画にしたという点が、
    面白いなぁと思いました。

    ルーマニアの映画を観る機会なんて、
    ほんとにないですし。

    もう何年も前に一度、行ったことがあるのですけど、
    あらためてルーマニア語ってイタリア語に似てるわ、
    とも思いました。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする