仮面ライダー×仮面ライダー OOO(オーズ)&W(ダブル) feat.スカル MOVIE大戦CORE コレクターズパック【DVD】

監督 : 田崎竜太 
出演 : 渡部秀  三浦涼介  高田里穂  吉川晃司  桐山漣 
  • TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2011年5月21日発売)
3.10
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 20
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988101156016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 売れるから劇場版乱発→低クオリティ→でも興行収入はGOOD→劇場版乱p(ry という現在の平成仮面ライダーの悪しき流れを体現しているかのようなクソ映画。特にオーズ編は酷すぎます。映司のキャラがテレビシリーズとはあまりにも違うし、そもそもノブくんと映司がまともに絡んでいるシーンなんて殆どない。よしの先輩と比奈ちゃんも二言三言しか喋っていないんじゃなかろうか。W編、オーズ編に共通して仮面ライダーであることで友人の命を奪わざるを得なかったという“影”があるにも関わらず、物語にまったく活かせていません。性格のブレはともかくとしても、「オーズ」はせめてテレビ本編の内容をこの映画の設定(後藤バース、甲殻類メダル、ギルなど)とすり合わせていく努力をするべきだったでしょう。なんでも「お祭りお祭り」で許されると思ったら大間違い。

  • スカルは昼ドラみたいだし
    コアとの戦闘シーンは面白いけど
    ストーリーに無理があるし、もう少しなんとか出来なったのかな

  • W feat.スカル:ずっとおやっさんのターン!鳴海荘吉はいかにしてスカルになったのか、を描くとにかくおやっさんが格好イイただそれだけの映画。あんな姿を見ちゃったら、そりゃー翔太郎はおやっさんおやっさん云うようになるでしょうとも。ストーリーは面白くなかったです。歌姫って何だよ(笑)

    OOO(オーズ):TV本編との繋がりを全く感じさせない、という点ではすごい映画だと思った。褒めてないよ。なんとも形容し難いシーンが続く、奇怪な映画です。

    MOVIE大戦CORE:意味不明でどーでもイイエピソード。MOVIE大戦ってのはディケイドだからこそ出来た企画だろうと思います。個人的な思い入れとして、サイクロンジョーカーゴールドエクストリーム(…長いな)は、あの時、風都が起こした奇跡だって思いたいので簡単に変身しないで欲しかった。

  • ずっとおやっさんのターン。タジャドルかっこいいです。おもしろかったけど、オーズはともかくWの方は本編でやるべき内容だったような気もするなあとも思ったり。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする