言ノ葉ノ世界

アーティスト : イメージ・アルバム  三木眞一郎  平川大輔  神谷浩史  小野大輔 
  • インディーズ・メーカー (2011年1月28日発売)
4.04
  • (10)
  • (10)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4560223560706

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (仮原眞也) 三木眞一郎×平川大輔 (藤野幸孝)

    「言ノ葉ノ花」スピンオフ(パラレルワールド)

  • 原作未読。

    「言ノ葉ノ花」と同じシリーズだということは知っていましたが、こういうリンクの仕方をしていたとは。
    2枚組みに躊躇して間を空けるんじゃなかったと、ちょっと後悔。
    合計で、軽く4時間を超えますが、連続して聴くことをおススメします。

    三木さんの役が本当にムカつく嫌な奴だったので、あれでハッピーエンドとかありえない!でも、バッドエンドな話は嫌い…と、一人悶悶としていたので、あのラストでよかったです。

  • 何度聞いても号泣

  • 同レーベル「言ノ葉ノ花」スピンオフ(内容はパラレルストーリー)

    藤野幸孝 平川大輔 
    仮原眞也 三木眞一郎 
    占い師 神谷浩史 
    シュウ 小野大輔 
    原田、タクシー運転手 逢坂力 
    タニ、男A 岩田安宣 
    仮原の母、磯田、アヤ 大村歌奈 
    仮原眞也(幼児)、ミサキ、女学生、受付 吉田聖子 
    老婆、通行人B、若者女性 青山桐子 
    ゲイバーのママ、雀荘仲間2、男B 下山吉光 
    店員、通行人A、若者男性 坂巻学 
    雀荘仲間1、男C 十河圭祐

  • ひねくれものな雁原に
    なかなか一歩が出なく積んだままだったけど
    ようやく棚から引っ張り出して聴いた

    満喫!
    胸が締め付けられて息が止まるかと思った

  • 生まれた時から人の心の声が聴こえてしまう仮原の荒んだ心は容易に解けないだろう、と言う事が頭に入ってしまうと、如何に藤野の存在が稀有なものであるか、と言うことを思い知らされて、物語にぐんぐん入り込む。相手には自分の本当の心は「言葉」に出さないと通じない、と言うこと、心の声が聴こえて相手の考えることが分かったとしても、聴こえてくる相手の本当の気持ちを信じる心がなかったら、幸せにはなれない、と彼が気付く下りのみきしんの演技に頭を殴られた気分になった。藤野役のひらりんの、丁寧で綺麗な喋り方がみきしんの演技を受けていて、物凄くバランスがいい。前作の「言ノ葉ノ花」を聴いてから聴くべきだと思うが、聴かないでも解ってくる。前作、まだDISC:1しか聴けてないのは、自分が販売業をやっているので、接客の現場をこの中でも見せつけられて、仕事モードになってしまい、一気に現実味を帯びて、心の底からドラマに入り込めない、と言う、個人的な要因があるから。DISC:1分しか聴いてなくても、ラストの数分間、小野Dの声が聞こえた瞬間、真打ち登場に心が解放された。

  • 藤野幸孝 CV:平川大輔
    仮原眞也 CV:三木眞一郎
    占い師 CV:神谷浩史
    シュウ CV:小野大輔

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする