プロデューサーズ コレクターズ・エディション [DVD]

監督 : スーザン・ストローマン 
出演 : ネイサン・レイン  マシュー・ブロデリック  ユマ・サーマン  ウィル・フェレル 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
3.62
  • (12)
  • (11)
  • (14)
  • (1)
  • (4)
本棚登録 : 93
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462076038

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • すっごくお気楽極楽な映画だった。
    ミュージカルは好きだし、この作品自体もブロードウェーで上演され、同じ俳優での作品。

    それにしてもネイサンの表現力は素晴らしい。
    マシューももちろんいいけど、私はネイサンに完敗。
    ユマ・サーマンの美しさにもノックアウトだったけど。
    にしても出演者みんな強者揃いで感心する。
    芸達者な人たちばかり。ショービジネスは凄い。

  • 駄作

  • 終始おバカで笑える。

  • 割と下品なコメディ

  • ミュージカルは実は苦手なジャンル。

    でもコミカルで、ブロードウェイのゴージャスな雰囲気を味わえたので、楽しめた。結構笑った。HAPPYになれる。ナチスの舞台の時に観客が魅了されていく姿を見て鳥肌も立った。

    一番の驚きはMatthew Broderickの歌と踊りが上手だということ!

    食わず嫌いしないで苦手なものにも挑戦するのも、たまにはいいですね〜

  • どの歌もノリノリで心地いい感じ。

  • メル・ブルックスはやっぱりすごい! ミュージカルとしても第一級のエンターテイメントとして成り立っていることは、ブロードウェイで上演された本編の方がトニー賞12部門を獲得したことからも実証済み。加えてナチスやゲイをネタとしたラジカルなギャグが散りばめられ、カオスな結末に向けて加速していく。が、一番アブなかったのは、中盤で披露されたお婆さん達の歩行器を使ったタップダンス。よくあれで倫理コードをクリアしたものだと驚愕した。ユマ・サーマンのセクシーさも、マシュー・ブロデリックの童顔も健在で、さらに嬉しい。久々に「ヤング・フランケンシュタイン」も観たくなった。☆4.5

  • 馬鹿馬鹿しいほど、悩みを忘れさせてくれる作品。

  • こういう楽しくてくだらないの大好き!笑

  • コメディ+ミュージカルで明るく、笑えます。
    ゲイが非常に良いです。
    ゲイの、とにかく明るくハッピーに!という考え方は
    なんだか尊敬しちゃうぐらい、いいな〜。

全18件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする