ソルト [Blu-ray]

監督 : フィリップ・ノイス 
出演 : アンジェリーナ・ジョリー  リーヴ・シュライバー  キウェテル・イジョフォー  ダニエル・オルブリフスキ  アンドレ・ブラウアー 
制作 : ロレンツォ・ディ・ボナヴェントゥーラ  スニル・パーカッシュ 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011年4月22日発売)
3.37
  • (13)
  • (27)
  • (53)
  • (10)
  • (2)
  • 本棚登録 :186
  • レビュー :30
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462076236

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロシアからのスパイの嫌疑をかけられたCIAの諜報員が、
    ドーン!バーン!ドッカーン!する物語。

    「重力ピエロ」のレビューで書いたけど、
    悪事が正当化される美しさってあると思う。
    アンジェリーナ・ジョリーの美しさはそれに相応しい。

    wikiレベルで恐縮ですが、
    彼女は無類のナイフ好きで、若かりし頃は自傷癖があり、
    ナイフで自分の身体を傷つけると生きてる実感が湧いたそうな。
    大のタトゥーファンというのも頷けるところ。

    そういった危うい者、脆い者は飛び切り美しくあって欲しい、
    という僕らの願望があるのかもしれない。
    悪の危うさと美しさの相関関係。

    こういうタイプの映画、免疫が弱いのだろうか。
    あんまり観たことないから、たいがい面白く感じてしまう。
    BDには別オチのバージョンも入っているそう。
    そっちも観てみよう。

  • ちゃぶ台ひっくり返したら裏にもちゃんと茶碗が乗っててひっくり返したのにまだ茶が飲める、と思って見たらいつの間にかコーヒーカップになってたけど中にはオレンジジュース、的な。もはや自虐の詩のイサオもびっくりなレベル。ここまで来ると話についていけないため、数年後には、ともかくひっちゃかめっちゃかにドンパチしまくるお姉ちゃんの話、っていう記憶だけが残りそう。でもストーリーを除けばドキドキドキッチョで楽しい。
    まぁしかしあれだ、ショートカットにしたら可愛いな、この人。って好みの問題かもな。

  •  普通に娯楽作品とした楽しくみられるので、家族で見るにはいい感じ。

  • 現実にならないことを祈る。

  • アンジェリーナ・ジョリー主演のスパイ映画。
    パッケージ写真の黒髪オカッパヘアーのジョリーがインパクト大。

    良い意味で予想を裏切られました。
    続編あれば是非観たい作品です。
    よかったらチェックしてみて下さいな♪

    しかし、アンジェリーナ・ジョリーに色気を感じたのは本作が初めてです。

  •  テレビでやっていたので見ました。
     なので、ところどころカットされている部分もあるかもしれませんが、その上で読んでください。

     物語は、CIAの捜査官であったソルトのところに、ロシアからのスパイだという男が訪ねて来たことから始まる。
     ソルトは二重スパイとして取り調べを受けるが、その場を逃げ出し、夫の元へと向かう。
     けれど、夫は部屋にはおらず、行方知れずに。
     ソルトは二重スパイの容疑を否定しながら、夫を助けるために仲間の元へと向かう……。

     という話でした。
     最初にスパイとして掴まった北朝鮮からソルトが返されるシーンがあったんですけど、最初は全然、その意味がわからなかったんですけど、物語を見ているうちにだんだんとその意味がわかってきました。
     結局ソルトは、北朝鮮から返された時の夫の愛に目覚めて、元々、ロシアのスパイだったのだけれど、夫の祖国であるアメリカのために働く決意をしていて、味方の指示に従っているように見せかけていて、その実、裏切っていた……ということでした。

     実はこれは素直にソルトが二重スパイだったってことでは終わらずに、実はもう一つ裏がある……という感じのベタなハリウッド映画でした。
     でも、ソルト役のアンジェリーナ・ジョリーがコンタクトレンズやウィッグで、全然別人みたいなイメージに変わってしまうのがすごいなあ……って思いました。
     金髪美人が黒髪になるとこんなにインパクトが違うのか……と感心しました。
     美人はすごい。
     そしてやっぱり黒髪は美しい。

     普通によかったと思います。
     娯楽映画として楽しむ分には満点ですね。

  • ヘリコプターから飛び降りたりカースタントなどド派手なアクションでアンジーがカッコよかった!ハラハラ、ドキドキの展開で娯楽性はピカイチです。

  • アンジェリーナジョリーすごいですね。迫力ありました。話が途中掴めなかったけど、面白かったです。感覚でみる映画ですね。

  • 面白かった。やっぱアンジーのアクションは最高。

  • アンジェリーナジョリーはすげーな。と思うぐらい。

    内容がイマイチ頭に入ってこなかった。

    ストーリー

    アンジェリーナ・ジョリー主演のスパイ・アクションムービー!アメリカCIA本部。ロシアからの謎の密告者オルロフが捕らえられ、衝撃的な告白を始める。大統領を暗殺するためにロシアからスパイが送り込まれると…。その名はソルト。それは彼の尋問を担当していたCIA女性職員の名前だった。同僚であるCIAから追われる身となった彼女は、変装しながら逃亡し…。

全30件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする