パリより愛をこめて [Blu-ray]

監督 : ピエール・モレル 
出演 : ジョン・トラボルタ  ジョナサン・リース・マイヤーズ  カシア・スムトゥニアク 
制作 : リュック・ベッソン  ビルジニー・ベッソン=シラ  アディ・ハサック 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2011年4月21日発売)
3.27
  • (0)
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135853608

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • リュック・ベッソンのプロデュースによる痛快アクション作品。

    これまでのベッソン作品同様に、主人公が無敵。
    とはいえ、今回は頭で考えるタイプと、銃を乱射しまくる破天荒タイプの2人によるコンビ。
    ジョン・トラボルタ強ェェェ…!!
    そんな感じです。

    リュック・ベッソン作品のファンなら安心して観られると思います。
    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • トラボルタ最高!『96時間』でもやり過ぎてたピエール・モレル監督がトラボルタへ主演でさらにやり邦題。まさかの ”ハゲヒゲマッチョ”なトラボルタがCIAとはいえ「そんなに殺していいの?」てくらい敵を殺しまくる。原案がリュック・ベッソンだけに「細かいことは気にすんなよ!」てことだな。

  • パリを舞台にしたアクション映画。パリのアメリカ大使館で働く若きCIAエージェント見習いのジェームズ・リース。彼の目にパートナーとして現れたのが一癖も二癖もある敏腕捜査官、ワックスだった。アメリカ政府の要人暗殺計画を突き止めたふたりが、パリをテロリストから守るため、あらゆる手段を使って奮闘する。
    エッフェル塔のレストランなどパリ各地でロケされているが、ワックスが報酬を受け取るのがポン・デ・ザール。ワックス役のジョン・トラボルタがかつて出演した『パルプ・フィクション』のシーンにひっかけたセリフに思わずニヤリ。

  • フランス、パリなどを舞台とした作品です。

  • 料理しながら見ました。たまには何も考えずアクションもよい。
    何よりTRAVOLTA rules!!

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする