Steins;Gate(限定版) - PSP

  • 角川書店 (2011年6月23日発売)
  • Sony PSP
4.88
  • (14)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4997766201375

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 特典のためにこちらも買い直し。オカリンの白衣とスリッパ。

  • 作り込まれている。
    とにかく作り込まれている。
    最初はどう帰結するのか?と思われる些細な事象ひとつひとつ、登場人物のひとりひとりにちゃんと意味がある
    全てを見、その先の結末を知った時に本当に驚愕します
    地味な小ネタも面白い(主人公中の人ネタをちらほらみつけたりした)
    ただ少しの流血系も駄目な人はおすすめしません
    痛い描写がときどきあります

    以下若干のネタバレ用語含む

    個別のEDでは助手はオカリンを好きだからこそ輝く存在だなあと思わせられるほど可愛らしいシナリオでした。
    メルトかスターダストまでしか選べないときは本当にどちらのメインヒロインが好きかもすごく影響してくるなと思います
    ぜひすべてのルートを見てトゥルーを見てほしいと思います
    個人的にはフェイリスのEDも好きでしたよ
    そしてβ世界線の鈴羽…たまらんだいすきです…おじさんはたまらん

    男女ともに楽しめる作品と思います

  • 想像以上に楽しめたゲームでした。
    トゥルールートED、Another Heavenの導入には涙腺決壊寸前でしたよ…。
    まだまだシュタインズ・ゲートの世界に浸っていたいと、どうしようもなく歯がゆい気持ちにさせてくれました。
    これから比翼恋理のだーりん、ノベライズ版にアニメと、貪欲に摂取していこうと思っています(笑)

  • 散りばめられたネットスラングと個性的な登場人物、そしてなんといっても伏線だらけのシナリオにぐいぐい引き込まれました。逆にネットスラングや、オタク文化、厨二設定に親しみの無い人には読みにくく感じるかもしれません。

    現代科学の矛盾していて聞きかじるとおもしろいところ(タイムトラベルや量子論など)が上手く物語の核になっていて、プレイ後には現実にも疑問を感じる不思議な余韻がありました。
    そしてどのエンディングでも思わず涙があふれました。

    プレイ中「オカリン、リア充すぎ。爆発しろ。」と何度もつぶやきました。が・・・
    そのリア充具合もオカリンなら許す。悔しいけど、許すよ・・・

  • めっきりノベルゲーをやらなくなったが、
    アニメもやってたし友人にも散々薦められたのでやる。

    時間に関係するSFってことは知っていたが、
    なかなか骨太な設定で驚く。
    インタビュー記事も見ると結構関連する本を読み漁っていたらしく設定好きにはオススメ。
    と言っても、理解しなくても楽しめる内容ではある。

    ただ主人公がいわゆる厨二病(変な妄想を垂れ流す人)なので、
    慣れるまではイライラするかも。
    序盤は基本的に中身のない会話を定期パターンを繰り返すので割と苦痛だった。
    ただ中盤から一気に面白くなる作品なので、諦めずに続けて欲しい。
    それだけの価値はある。

    システム的にはフォーントリガーという携帯電話を使って、
    メールを送ったり電話したりできるのは新しかった。
    ノベルゲーにありありがちな選択肢もなく分岐なんてないと思っていたが、携帯電話のアクションの仕方で分岐すると気がついた時はやられた!と思った。

    今後の展開を予想しながら読むのが好きな人にはなかなかいい。
    ファンが集まって考察しているサイトがあるので、
    プレイ後に見るといいかもしれない。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

Steins;Gate(限定版) - PSPを本棚に登録しているひと

ツイートする