AKIRA 〈Blu-ray〉

監督 : 大友克洋 
出演 : 岩田光央  佐々木望  小山茉美 
制作 : 大友克洋  大友克洋  橋本以蔵 
  • ジェネオン・ユニバーサル (2011年6月22日発売)
4.16
  • (44)
  • (31)
  • (22)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 264
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102010706

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり歴史に残る大作。

  • べらぼうにおもしろい。子供の時は理解できなかったけど、大人になって見るとしびれる。これは人類の至宝だ。リメイクとかせずに永遠にこのままで汚さないでいてほしい。原作も読んでみよう。感動した。ありがとう。

  • 圧倒的な世界観、アナログアニメの極致、そのディストピアセンスは88年は不発だった、今、恐ろしいぐらいハマる。

  • 劣等感の塊で、金田に憧れ、金田になりたかった鉄雄が手に入れた力は、神にも等しいものだった。

  • 原作は全部持ってる。それで、それこそ、ほぼ30年前の大学の研究室の先輩たちが見て盛り上がった話のシーンをまだ覚えているくらい。やっと見た。面白かったねえ。画質がちょっと悪かったのはwowowだから?それとも、古い映画だから?blu-rayとかだとリマスターなのかな。タカシでケイと結婚してるから人事だと思えない。

  • (1988年作品)

  • 最高だ。素晴らしい。
    実写では到底できないスケールの作品をアニメーションで作り上げ、これだけのスピード感と壮大なアクションで仕上げたことがとにかく素晴らしく、大画面で見なかったことを後悔しています。大好き。

  • 近未来アニメ。
    こんな未来になったら嫌だな。

    ストーリー
    世界で絶賛された大友克洋監督の傑作『AKIRA』を、HDニューテレシネ&192kHz 24bitオーディオでBlu-ray化!舞台は2019年、第三次世界大戦から復興したネオ東京。ハイテクと繁栄を極めるメガロポリスの裏側で、最高機密・アキラをめぐって、アーミーとゲリラが激しい戦いを繰り広げていた。健康優良不良少年・金田とその仲間・鉄雄は、その戦いに巻き込まれていく…。

  • なんとなくすげー評価されてるのが分かる気がする。バイクかっこいい。
    アキラとか能力持ったやつって核のイメージなのかなって思った。

  • 作画はもういう言葉もない。
    話的には原作知らんとわからないのでは?と思った。
    もう一度ゆっくり見てみたい

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家・映画監督。宮城県出身。
1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。
1988年、自ら制作したアニメーション映画『AKIRA』は日本国外でも高い評価を受け、海外における日本アニメムーブメント(ジャパニメーション)のさきがけとなった。
2013年、日本政府より紫綬褒章。2014年、フランス政府より芸術文化勲章オフィシェ。2015年、第42回アングレーム国際漫画祭・最優秀賞(フランス)。

「2017年 『TRIBUTE TO OTOMO』 で使われていた紹介文から引用しています。」

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする