SPACE BATTLESHIP ヤマト スタンダード・エディション 【DVD】

監督 : 山崎貴 
出演 : 木村拓哉  黒木メイサ 
  • TCエンタテインメント (2011年6月23日発売)
2.52
  • (1)
  • (27)
  • (96)
  • (87)
  • (28)
  • 本棚登録 :423
  • レビュー :123
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571390721517

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アニメは全て見ていたので、内容はある程度理解していたから分かるけど、ちょっと早回し過ぎかな。知らない人は、内容を理解できないかも?子供の頃にアニメ見た人には、お勧め。
    SFXは、凄い。最初のアニメは、結構いい加減な絵(アニメなんで)だったけど、実写版なのにアニメより綺麗だし、迫力ある。映像見るだけでも一見の価値あり。

  • 日本のSFの限界を見た。
    まだ脚本が良ければよかったが、残念な感じ。
    展開が強引だし、
    繋がってないし、
    え、そこは?みたいなところが多過ぎた。
    キムタクを見たい人は良いのかも。
    【あまりにおかしな部分】
    ・キムタクと黒木メイサの恋に発展するシーンが謎。
    ・致死量2倍の放射線量が14シーベルトって。ちゃんと調べてんのか?
    ・終盤のセリフで生存者30何名って、このでかさの戦艦を動かすには0が一個足りないでしょ。
    ・しまがハンドルを古代に渡すシーン。「離すぞ」って今まで離して言い合いしてたやん!笑

  • 見所は「CG」と「主題歌」

    ただCGも「日本映画としては良い」という感じで、
    やっぱりスターウォーズとかと比べてしまうと安物感が・・・

    肝心のストーリーもどうもイマイチ
    あのよく分からない恋愛要素はあまりに唐突だし
    必要無かったんじゃないかと思う。

    色々突込みどころはあるけれど
    Steven Tyler のエンディングテーマで全てチャラになった感じ。


    観た感じでは平成ゴジラシリーズに近い雰囲気かな?
    細かいとこを気にしなければそれなりに楽しめる。
    やっぱり山崎監督はゴジラ撮ればいいのに・・・

  • いや、やはりアニメの比じゃないでしょう。知らない役者さんばかりだったので、それもあっていまいちしっくりこなかった。懐かしいセリフがそのまま出てきたときはちょっとうれしかったけど。木村拓哉という人の名前はあちこちで聞いていたけれど、動いている木村拓哉を見たのは初めてだった。西田敏行が30年前とあまり変わった感じがしなかったのは嬉しかった。山崎努は「マルサの女」以来か。

  • お金かけてアニメの実写化したんだなという印象。映画は綺麗ですごかった。キムタクが演じると全部キムタク。それはそれですごいことだと思う。

  • 豪華出演者による茶番劇。
    しかし、作らないと技術が向上しないから、それなりに意味のある作品。

  • 1-331

  • アニメの時の方がはまったな。
    良くも悪くも、キムタクが演じると、キムタクの映画になっちゃうんだよね。
    原作のイメージが付きすぎていると、なかなかしっくりこないんだよね。
    デスラーは顔に色を塗った人が演じなかったのは救われたかなと思います。

  • キムタクの顔演技が×すぎて…ガミラスとイスカンダルは精神体みたいな設定はまぁありかも。死んだ仲間が浮かばれない気がどうしてもしてしまいました。

  • このストーリーで、ラブシーンはいらないと思う。戦闘一本にしてもらえたらまだ良かったのに、興醒めしてしまった。話の中の緊張感と観てる側のしらけ具合というギャップがものすごいあったなぁ。。

全123件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

SPACE BATTLESHIP ヤマト スタンダード・エディション 【DVD】はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

SPACE BATTLESHIP ヤマト スタンダード・エディション 【DVD】を本棚に登録しているひと

ツイートする