白夜行 [DVD]

監督 : 深川栄洋 
出演 : 堀北真希  高良健吾 
  • ポニーキャニオン (2011年7月19日発売)
2.96
  • (27)
  • (92)
  • (194)
  • (96)
  • (33)
本棚登録 : 830
レビュー : 181
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013608320

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは好きなやつだ。
    原作を読もう。

    魔性の才能。
    ふつうに生きていても魔性が発揮される。
    そのようにしか動けない。
    なぜならそうやって生き残ってきたから。

  • 本も読んだなぁ。
    でも、内容はよく覚えていない(笑)。それほど印象的ではなかったのか? 期待はずれだったのか?

    映像で時間の流れを表現するのは難しいのだなと思う。
    「あ、さっきのはあの人か」
    と後で気がついたり。ハハハ。
    家庭環境に恵まれなかった男の子と女の子だったから、お互いの助けになりたかったのか?
    お互いのというよりも男の子が積極的に女の子を助けるんだけども。
    女のほうが、何があってもそれを感じさせず何事もなかったかのように強く生き抜くことができるのだろうか。

  • 私的に、東野作品で1番と思っている「白夜行」の映画版。
    これまで躊躇していましたが、ついに見てしまった・・・

    ハッキリ言うと、原作読んでないと意味分からないだろうなぁ・・・と。
    キャスティングも、もう少し影のある女優さんの方が良かったのでは?

    ちょっと残念です。

  • 原作が素晴らしすぎるので映画では表現しきれないとは思ってたけどまさにその通り。でもなかなか面白く仕上がってました。掘北真希も好きだしね。高良健吾もなかなかよかったー!そして子役の子もウマシ!演技力のあるキャスティングで内容をカバーできたんじゃないでしょうか。ラストせつなかったです。ぜひ【幻夜】も掘北真希で作って欲しいなぁ。

  • 重い

  • テレビドラマを観た。原作も読んだ。
    登場人物それぞれが抱えた事情、長年絡みあう心情…
    その構成の見事さに圧倒された。
    …そして、映画…

    これほど知られた物語を映画化することは難しいだろう…と
    封切り時には足を運ばなかった。
    観てきた人から、けっこうイイよって聞いて、
    ようやく今になってDVDで見終えたのだ。

    見入ってしまった。ぐいぐい引き込まれた。
    この作品が犯人探しのミステリにとどまらないものを
    描きこんでいるためだろう…
    いや、知っている話だからこそ、ひとつひとつの場面が沁みた…

    ―どんな人間に生まれても 結局いくつかの選択をしながら
     自分の人生を 決めてゆくものだよ 君は? どうする?

    さぁ、ボクはどうしよう… ここまでの行きさつはないにしろ
    長年生きていれば、なにがしかのことを抱えるものだし…

    きっと、この物語が美しく感じられるのは、
    子どもの頃の心情は、変わらないことなんだろう。
    楽しかったことを思い出すこと…それは恋だ。きっと
    そうした気持ちは幾つになっても誰しも変わらないものだから…

  • なんというか、残念。
    ドラマの方がはるかによかった。

    真希つんはかわいいけれども。

  • 雪穂の異様なまでの成り上がりの動機が
    ラストで理解できなくなりました。

    亮司が自殺するまでは、「R&Y」で成功したのちに、
    雪穂は亮司に日の当たる世界に戻ってもらうつもりだったと
    思っていたのですが。。。

    亮司の雪穂に対する献身的な行動は、
    純粋さすら感じさせましたが、ついに報われませんでした。

    いや、刑事に思いをわかってもらい、
    そして、雪穂が大きな成功を手に入れて、
    報われたのでしょうね。
    それで自ら人生にピリオドを打った。

    亮司が死ぬ直前、
    雪穂にあなたのことは知らないといわれて微笑んだのは
    これで雪穂は俺に縛られないと思ったからでしょう。

    雪穂も亮司の思いを理解していたから、
    あのセリフが出たと考えるのが自然かもしれません。

    日の当たらない百夜行でも、
    二人の旅の終着点にはそれなりの満足があったということでしょう。

    本当に報われないのは、
    二人に巻き込まれた人達ですね。

  • 船越英一郎、近年の報道から印象が悪かったけど役がハマっていて、ラストシーンの高良健吾との切なくてつらい掛け合いも とても良かった。雪穂が昼で、亮司が夜という「白夜」の解釈をしてしまうほど、二人の接触が描かれていない中でストーリーが出来上がっていく面白み。セカチューコンビのドラマ版も観てみたい。

  • 女の小悪魔さと、冷徹なコントロール者とを兼ね備えた雪穂を演じた堀北真希。こんな冷たい表情ができるんだと、少々驚き。監督の撮り方が上手いのか、本人の実力なのか。原作を読もうと思う。

全181件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

白夜行 [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする