アニマル・ウォーズ 森林帝国の逆襲 [DVD]

監督 : ロジャー・カンブル 
出演 : ブレンダン・フレイザー  ブルック・シールズ  マット・プロコップ  ケン・チョン  リッキー・ガルシア 
制作 : マイケル・カーンズ  ジョシュ・ギルバート 
  • ツイン (2011年7月5日発売)
2.79
  • (0)
  • (3)
  • (13)
  • (8)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4580189024142

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブレンダン・フレイザー主演のコメディ。

    土地開発の仕事をしている彼が、山の中の開発に監督として就任。
    それに付き合わされて、山の家の一軒家に引っ越しをさせられた
    妻(ブルック・シールズ)と息子は不満顔。

    さらに開発を阻止せんと、動物軍団がブレンダンに嫌がらせ。
    アライグマを大将に、リス・スカンク・カラス・クマetctec…

    この動物とブレンダンの戦いが大体のメインになるわけですが、
    相手が小動物(クマ除く)とはいえ、
    主人公がとにかく虐められるタイプのコメディはあんまり好きじゃないんだよな…。

    しかもなんだよブレンダンその腹!
    人の事は言えんが、だらしない体になったな…。

    で、散々痛めつけられた上ですが、麻酔銃もったおっさんの登場で形勢逆転。
    森の動物をあらかた捕えて、檻に詰め込んで、
    安心してクライアントを招いた自然フェアを開催が出来ましたよ、と。

    そこで登場するのが、息子の彼女。
    「森林の開発反対~」
    って、メガホンを持ち、署名を募ります。
    「こんなド田舎、糞だぜ」
    とか言ってた息子もそれに全力で乗っかります。

    極め付けはクライアントの「捕まえた動物は全部処分だ」宣言。

    これには、「移動位で殺すなんて考えてなかったよー」のブレンダンもビックリ。
    動物たちをこっそり檻から逃がします。

    なにこのとってつけた感。

    それまで結構しつこく、ブレンダンの似非自然派
    (山小屋に住んでるのに、屋内でルームランナーでジョギングしながら「自然自然♪」って)
    を描いていたのを、どういったエピソードで改心させるのかと思ったら、
    「アライグマ君にも家族が居たんだね」と
    前述の「彼女のご機嫌取りをする息子のご機嫌取りをする親父」みたいなしょーもないオチでした。

    ちなみにフェアに来てる他の住民達も、一切自然保護とか気にしているようには見えません。

    動物自体は可愛いし、酷いと思いつつ、そのイタヅラには笑っちゃうんだけど、
    そんな偽善くさいお話に少々うんざり気味になっちゃいました。

    コメディという部分で人間の方では、ブレンダンよりもそのボス役の
    ケン・チョン(またまた!)の方が大分もってっちゃってた感じ。
    まぁ、もともとコメディアンでは無いからいいんだけどさ。
    じゃぁアクション俳優か?ドラマが出来るか?って言ったらそれも微妙ジャン。

    これ、2010年の映画で、その後2本しか出てないみたいだけど、
    その腹も含めてブレンダン、今後どうしていくんだよ…。

  • 軽く見れる作品。
    動物がかわいくて、笑えるところもあって、
    最後はスカっとしました。

  • 吹き替えで!
    人間と、森林を守る動物たちのコメディで、
    うさぎも出ます!ちょびっとだけどね!!!←
    メインは森林を開拓して住宅地&ショッピングモールを建設予定のダン、
    そしてその森林に住むアライグマとその仲間たちー。
    まぁ正直・・・動物がかわいい(^ω^)!!!って思える内容ではないww
    むしろこわいwwwめちゃ姑息だしwwww
    小動物が多いんだけど終盤くらいから熊も出るwww
    最終的には勧善懲悪という感じで終わるのだけどねー(・ω・)
    自然保護とか動物保護とかはあるけど、
    重い内容ではないから見やすいって言えば見やすいかも(^ω^)

  • 見た目を裏切る動物たちの凶悪さに笑ってしまいました。
    主人公があらゆる意味で痛々しい(笑

  • 始めからオチの読める展開だけど、それなりに楽しい。動物かわいい。
    動物たちの耐え間ない嫌がらせに立ち向かう主人公のタフさは正直笑えるし、サラリーマンゆえの葛藤は大人には身に染みる。
    今回のことで息子が成長していく様もうれしい。ラストもよかった。

  • キッズ向けかな。
    でも、結構笑えるところがあって楽しめました。

  • ブレンダン・フレイザー主演映画。

    アライグマ、スカンクなどの動物たちの悪戯が可愛くて、おかしくて、
    大爆笑の連続でした!(笑)

    【ストーリー】
    動物たちとひとりのサラリーマンとのドタバタ大戦争を描いた痛快ファミリーコメディ。
    不動産業者のダンは、住宅地開発のため森林伐採を計画中。それを知った森に住むアライグマは・・・。

  • 「ハムナプトラ」シリーズのブレンダン・フレイザー主演で贈る、動物たちとひとりのサラリーマンとのドタバタ大戦争を描いた痛快ファミリーコメディ。不動産業者のダンは、住宅地開発のため森林伐採を計画中。それを知った森に住むアライグマは…。
    制作年 : 2010年

全8件中 1 - 8件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする