Dear+ (ディアプラス) 2011年 07月号 [雑誌]

  • 新書館
3.89
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910165670719

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 付録CD シュガーコード

  • 「飴色パラドックス」鏑木妹がどうするのか、気になってましたが一応決着です。ノリちゃん、すごくかわいい子でした。
    尾上、やさしくてまっすぐでほんとにイイ奴だなーと改めて感心!でも、そこが鏑木にとっては危なっかしくて放っておけないんだろうな…「尾上のくせに」っていう鏑木のセリフ、キュンときた。で、ノリちゃんに何言ったか記憶ナシの尾上に同情です。

    連載モノでは「プリティ・ベイビィズ」「生徒会長に忠告」「愛しのドクターコート」「胸がこわれそう」が気になりました。
    「愛おしいってそれだけで」は最終回。

    付録CDは「シュガーコード」コミックスの書き下ろし部分です。両想いになっても相変わらずタイショーばかりとじゃれあってる大土井にやきもきする亮。呼び方も「高木くん」にもどってるし、なんか今ひとつラブラブじゃない気がしています。そこに、大土井弟が絡んでくるからますます話がややこしくなってるし。
    森川帝王がいいお仕事しています。すねてる声もよかったし、カジカジとの絡みも甘くてステキでした。大土井弟の小西さんの膝枕耳掻きシーン笑えます。こっちも耳をくすぐられた。12分ほどの内容だけどタイショーの声も入ってるし、オトク感あり。

  • ふろくCDと全サ目当てで購入。何か目当てがある時だけ買うという唐突な買い方をしてもディアプラスは1冊楽しめてしまうから好き。読みきりだけでなく話がわからない連載モノも興味をひかれて読めるというのは執筆陣がいいからなのかな。おかげでコミックス買いたくなって困るけど(笑)ふろくCD、シュガーコードはこれが初聴きでしたが、大井戸@モリモリのキーが高くてびっくり!地声に近い?楽しかったので本編CDも聴きたくなりましたー!

  • 以下、抜粋で感想。

    ■レオパード白書/扇ゆずは
    雛胡篇スタート。
    雛胡があんな体質でこれから一体どうやって
    体液が大丈夫になっていくのか楽しみですwww
    聖のなまりに萌え~w

    ■生徒会長に忠告/門地かおり
    や…やっとこ次回…進展するか!? するかっ!?www
    も、、、もう…早くしてくれぇぇ…wwwwwww
    まぁ、焦らしが長い門地先生のことだからすんなりはいかんでしょうけど
    とりあえずちょっと進んだ感があったので次回をまた楽しみにしますwww

    ■言うまでもない(後編)/まさお三月
    おめでとうございます…!!!wwwww
    このカップル…特に受けが…好きでした!
    コミックで描き下ろしとかあるといいな~~~

    ■シュガーコード~それから~(付録ドラマCD)/夏目イサク
    コミックに収録されている「~それから~」のドラマCD化です。
    内容はほぼコミックのまんまですが、
    コミックでは全くエロの描写のない暗転シーン、
    ドラマCDではエロシーンが追加されてました。


    又、作品は掲載されてないけど
    志水先生の新しい情報が沢山掲載されていたので嬉しかったです♪
    次号で次回作のイラスト公開するみたいなので楽しみすぎる><

    ディアプラスヘヴンは応募してみようかな~と思ってます。
    手元に届いたらまたレビューしに来ます☆

  • 『飴色パラドックス』尾上はやっぱりなんかすごい(笑)あの天然さは最強。彼のおかげで兄妹間のいざこざも解消されて何よりでした。『胸がこわれそう』2話読んでやっと色々理解した。結局二人両想いなのに…勘違い&すれ違ってる…せつない;;やっぱりイチカさん作品は甘痛い。『ネコ科彼氏のあやし方』左京さんは相変わらずガッツリ描かれるwwしかも尻尾って!(笑)途中で猫になることなく、やっと致すことができて良かった〜(笑)このお話かなりお気に入りです。付録CDの『シュガーコード』もすごく面白かった☆大土井さんどんだけタイショー好きなの(笑)

  • 好きな作品の続きがあって良かった。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする