アウェイク Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

出演 : ヘイデン・クリステンセン  ジェシカ・アルバ  テレンス・ハワード 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2011年9月7日発売)
3.04
  • (3)
  • (24)
  • (41)
  • (20)
  • (3)
本棚登録 : 151
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135863669

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジェシカ・アルバの2面性が見もの。医者が金のために人を殺せるのか?お節介に思える母親の愛情が命を救うのか?普段はうざったく思うけれど、いくつになっても子どもは、子ども。【WOWOW録画】

  • ★3.5
    話の切り替えに置いて行かれる感は少しあるけど、着いていけば楽しめた。吹き替えが面白かった。

  • ジェシカアルバがお美しい!

    全身麻酔されても覚醒してることがあるんだって。

    痛覚は残っててでも声も身動きもできない。
    そんな中での手術は無茶苦茶身悶えするんだけど、
    なぜだか幽体離脱して平気になってしまう主人公。

    幽体離脱したまま事件の全貌を目の当たりにしていく主人公。

    ずっと痛い痛いってやってた方が良かった思うよ。

    幽体離脱は無いは・・・。

  • 怖い怖い。
    術中錯覚って他の方が書いてるように本当に起こりえるのか・・・
    ゾッとします。
    母親の愛は深いなぁって思った。
    ジェシカ・アルバがとても綺麗!

  • 所々に、グロテスクなシーンもあるが。

    真実を知る事は、辛く苦しいけれど。
    どんなに人に裏切られても、愛されていたという記憶があれば人は生きていけるのではないかと思った。

    ラストにかけて、様々な事が明るみになり。
    衝撃のラストに、愛の深さを思い知らされた。

  • 実際に起こる医療現象、全身麻酔後の術中覚醒をテーマにしたサスペンススリラー。

    手術中に意識があるなんて恐ろしすぎる。
    年間3万件実際に起こっているという。

    後半にかけて真実が明らかに。
    母親の究極の選択…母の愛情は強し。
    ラストはちょっと呆気なかったかな。

  • ヘイデンクリステンセンとジェシカ・アルバなんて見るしかない!
    って説明も見ずに借りてきました

    久々に良作!
    ただ、その後が気になる…

    サム可愛すぎ。

  • 途中でやめてしまいました。いつか時間のある時にでも見ようと思います。

  • ・設定は良い。
    ・ドンデン返しは良い。
    ・短かすぎて、もう一つ二つ内容が欲しかった。

  • 術中覚醒は本当に起こりえるのだそうだから人ごとではないし凄く怖い。内容としてもどんでん返しを含むサスペンスで展開も早く面白い。しかし、登場人物の人物背景があまり描かれていないので、なんで??となる時が多々あった。まーそこは尺の短さとテンポの良さでカバーか。

全38件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする