CREA (クレア) 2011年 09月号 [雑誌]

  • 文藝春秋
3.71
  • (5)
  • (14)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910132510918

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人気作家の表名作と裏名作の興味津々。え、ちょっと違うんじゃ?って思ったけど「独断と偏見で選ぶ」という副題がついてて納得。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「え、ちょっと違うんじゃ?って」
      ふ~ん面白そうだな、と思ったけど1年前の雑誌かぁ、、、図書館にあるかな?
      「え、ちょっと違うんじゃ?って」
      ふ~ん面白そうだな、と思ったけど1年前の雑誌かぁ、、、図書館にあるかな?
      2012/07/30
  • 読みたい本を探して。

  • この手の「読書」特集は、最終的に同じような内容になってしまうのがなんともはや。

    とはいえ、有名人のオススメ本は俳優作家スポーツマンと割と幅広いジャンルで面白い。

    東野圭吾とかその辺の特集はあきるほどやってるんだから、違う作家の特集をしていただけたら、と、思ってみるが。

    いかんせん、一年前の情報だっていうのがネ。

  • 紹介している本が豊富、いろんな読みたい本が見つかった。
    またいろんな人がとりあげられ話しているけど、読書好きとして共感できる面もいっぱいあって、やっぱ読書はいいなと思った。

  • この号の特集は面白かった!ここから次に読みたい本を20冊くらい見つけました!

  • 本の紹介がたくさん載っていて読み応えがある!全ての本を読みたくなる。
    個人的に東野圭吾さんと有川浩さんがすきで、特集が楽しかった。

  • 本好きにはたまらない一冊。

    雑誌の読書入門や読書特集は多いが、ここまで深く広いものは初めて読んだ。雑誌なのにこのクオリティー?!、と感心していたら出版社が文藝春秋で納得。

    お勧め本がいつものように挙げられたあと、文豪から現代作家までの裏名作と表名作が世代順に分析され、並ぶ。

    そうかと思えば、オサレ40代向け本、オサレブックカフェ特集、もちろん女子といえば!の、少女漫画特集もあり、最後に宗教ものが出てくる。なんとも不思議な…いや、味のある構成だ。

    東野圭吾、有川浩、米澤穂信のインタビューも、本好きとしては興味をそそられる。

  • 本の特集だったので借りた。結構がっつり本を載せていたので楽しめた。

  • 最新ブックストア案内”がよかった

  • 読みごたえありずぎて、1ヶ月かかったよw 「必読完全ガイド」はすばらしき企画だった!

全13件中 1 - 10件を表示
ツイートする