Pen (ペン) 2011年 8/15号 [雑誌]

  • 阪急コミュニケーションズ
4.02
  • (15)
  • (28)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :198
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910279630814

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • モスク(イスラム寺院)の美しい写真を眺めながらイスラムの基礎知識を手軽に学ぶことができる。幾何学模様の建築様式で建造されたモスクは壮麗で機能的な美しさがある。イスラムとはアラビア語で「神の教えに帰依すること」という意味だと初めて知った。これまでイスラムの人に接したことがない。それもあってか厳格な教義と異質な生活習慣に目に見えぬ畏れをどうしても感じてしまう。

  • インドを旅して以来イスラム建築と装飾美に心ときめいて仕方ないので購入。イスラム美術…音楽のよう。アラビア語がわからないのが口惜しい。

    美術、歴史、政治、暮らし、人までまんべんなくカバーしていて、多角的に楽しめました。美術に魅せられて読みいく過程で、イスラム文化を成す「人」とその「信仰」まで意識が及ぶ、きちんとした構造。
    中でもサウジとパキの家族ルポが私は好き。写真も多めで雑誌ならではな感じが良いよ。
    本棚に残すこと決定です。

    イスラム関係は行きたいけど行けない(宗教上)場所が多いなぁ。
    そして個人的にはヨルダンのラニア・アブドラさんに注目してます。

  • 内容はさらりと簡単で、Penらしく、写真がきれい。

  • 特集内容に興味あるときだけ買ってる『pen』。ブルー・モスクの蒼い表紙に惹かれてジャケ買い。


    ムスリムとは?モスクとは?いまこそ知りたい、【イスラム】

    ○永き信仰に守られた、大いなる3つの聖地。 メッカ/メディナ/エルサレム
    ○まずは知りたい、イスラムの基礎知識。
    ○世界宗教の礎を築いた、預言者の伝説。
    ○コーランに綴られた、完全なる神の言葉。
    ○地図で理解する、イスラム勢力の変遷。
    ○イスラム史1400年を、年表で追う。
    ○キリスト教、ユダヤ教とは何が違うのか。
    ○仏教者の考える、イスラム思想の魅力とは。
    ○現地ムスリムの、知られざる日常に密着!
    ○イスラム激動の10年を、ニュースで振り返る。
    ○イスラム社会を動かすのは、この12人。
    ○現代アメリカを牽引する、3人のムスリム
    ○かくも深遠な、イスラム教徒たちの音楽。
    ○聖なる祈りが育んだ、壮麗な建築物。
    ○イスラム圏のアートは、「装飾」から発展した。
    ○意外なほど自由で楽しい、イスラムの絵画。
    ○東洋と西洋が出会い、工芸の粋は極まった。
    ○70年以上の歴史を刻む、日本の2大モスク
    ○日本でも、ハラール料理が堪能できます。

    【第2特集】夏だからこその風景に出合える 列車で旅する北ヨーロッパ


    キリスト教に比べて、馴染みの薄いイスラム教。
    なので、教義については詳しくないんだけど、好きなんですよねぇ、イスラム建築。スペイン旅行で見た、アルハンブラ宮殿の天井装飾、メスキータの列柱アーチ、忘れられません。
    偶像崇拝が禁じられてるから、イスラム美術の主要モチーフは、植物、幾何学図形、文字なんですね。

    なかなか食する機会もないけれど、ハラール料理にも、ぜひチャレンジしてみたい。

    とにかく写真が美しかったです。

  • 特集:イスラム!!!!
    表紙の青のモスクも、それから中に載ってる寺院もすごい素敵でした。
    バックナンバーおいてある本屋さんいこうかなぁ。
    いつかトルコとか中東とか、本格的にイスラムな国に行ってみたい。

  • 写真付きでイスラム教、イスラム社会、ムスリムなどのことをわかりやすく書かれている。

    私たちがテレビに翻弄されていたり、ないが本当で何がウソで…

    イスラムと言ってもほと口では語れず、この一冊はイスラム教に興味のある方にはぜひおすすめです。

    【目次一部紹介】
    ・いまこそ知りたい、イスラム
    ・永き信仰に守られた、大いなる3つの聖地。
    ・まずは知りたい、イスラムの基礎知識。
    ・世界宗教の礎を築いた、預言者の伝説。
    ・コーランに綴られた、完全なる神の言葉。
    ・地図で理解する、イスラム勢力の変遷。
    ・イスラム史1400年を、年表で追う。
    ・キリスト教、ユダヤ教とは何が違うのか。
    ・仏教者の考える、イスラム思想の魅力とは。
    ・現地ムスリムの、知られざる日常に密着!
    ・イスラム激動の10年を、ニュースで振り返る
    ・イスラム社会を動かすのは、この12人。
    ・現代アメリカを牽引する、3人のムスリム
    ・かくも深遠な、イスラム教徒たちの音楽。
    ・聖なる祈りが育んだ、壮麗な建築物。
    ・イスラム圏のアートは、「装飾」から発展した。
    ・意外なほど自由で楽しい、イスラムの絵画。
    ・東洋と西洋が出会い、工芸の粋は極まった。
    ・70年以上の歴史を刻む、日本の2大モスク
    ・日本でも、ハラール料理が堪能できます。

  • メッカ/カーバ聖殿
    ムハンマド生誕の地。カーバ聖殿を囲む聖モスクには、約100万人の収容が可能(!)
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A2%E3%83%90

    エルサレム/岩のドーム
    ユダヤ教とキリスト教、イスラム教の聖地。
    預言者ムハンマドが昇天した「聖なる岩」がある。ムハンマドは聖なる岩から大天使ガブリエルに伴われ、天馬に乗って昇天、アッラーの御前に至った。

  • 写真の数々が素敵です。イスラムの美術や建築はすごく好き。

  • あまりなじみのないイスラム文化だけど、これを読むと、モスクを見に行きたくなってしかたない!
    キリスト教の教会とはまたちがった荘厳さがあるモスクの幾何学模様の美しさ、、、あぁ、この目で見たい。
    特にイランのイスラファンにある王のモスクが素晴らしすぎるんだけど、イランって簡単に旅行できるんだっけ…?

    何はともあれ、次の次の旅は、イスラム圏にモスクを見に行く!

  • 面白かった!
    興味深いー
    イスラム一問一答みたいなもあって、わかりやすかったし。
    写真もキレイでした。
    ヘルシンキ特集もなかなか。

    そして、ユーレイルパスは来年から23カ国になるのかー

全19件中 1 - 10件を表示

Pen (ペン) 2011年 8/15号 [雑誌]のその他の作品

Pen (ペン) 2011年 8/15号 [雑誌]を本棚に登録しているひと

ツイートする