アジャストメント [DVD]

監督 : ジョージ・ノルフィ 
出演 : マット・デイモン  エミリー・ブラント  テレンス・スタンプ  アンソニー・マッキー 
  • ジェネオン・ユニバーサル (2011年10月17日発売)
2.86
  • (13)
  • (48)
  • (130)
  • (74)
  • (20)
本棚登録 : 507
レビュー : 122
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102024192

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の将来があらかじめ定められており、その道から逸脱しようとすると、調整する人が登場して、障害を除去してくれるファンタジー。情熱さえあれば二兎を追って二兎得ることができることを主人公が示した結果、調整人の仕事が空しいものだと寂しく感じた終わり方でした。

  • 操作された《運命》に、逆らえ。



    THE ADJUSTMENT BUREAU

  • 原作はマイノリティ・リポートのフィリッピ・K・ディックの短編。と言っても読んでないのでよく知りません。
    上院議員を目指す政治家デヴィッド(マット・デイモン)がある日、バレリーナのエリース(エミリー・ブラント)に出会い、一目ぼれ。
    そして親密になっていくのに、なぜか突然拉致されて「あの女はやめとけ」って言われる。拉致犯は調整者たち。

    って、ここらで何?これ?
    意味わかんない状態でした。
    秘密結社かえ?などと思ったのですが、どうやら定められた運命通りに人々が生活するようにずれかけたら調整するらしい(笑
    イミフ(笑

    愛し合う運命じゃないとか言われても惚れてしまったんだから、、と運命に逆らいエリースを求めるデヴィッド。そしてなぜか下っ端の調整者ハリー(アンソニー・マッキー)が仲間を裏切りデヴィッドにどこでもドアの使い方を伝授する、、、

    最後の方はなんとなくウキウキ見れましたが、入り込むのに時間かかった。

  • なんの予備知識もないまま見始めましたが、かなりミステリアスな導入にぐいぐい引き込まれていきます(アンソニー・マッキーとエミリー・ブラントの登場の仕方が明らかに怪しい)

    「運命調整省」というアイデアはとても面白いが、説明不足でいまひとつ納得できないところが多い。主人公がそれに反抗するプロセスもわかりにくいのも難。

    フィリップ・K・ディック原作の映画はおおかたハズレは少ないけど、これは数少ないハズレのほう。

  • 議長とか天使とかの設定についていけず。
    先が知りたくて最後まで。
    エミリー・ブラント28歳、若いのに老けてる。
    記憶に残らない女優。

  • 上院議員候補のデヴィトは、ある日突然、運命調整局という団体によって、運命が操作されていることを偶然知ってしまう。
    そして「調整」されて出会ってしまったエリースと惹かれあうが、結ばれてはならないという運命のもと、二人を引き離そうとする調整局に立ち向かう。
    デヴィットは調整された運命に立ち向かうことができるのか!?


    っていうお話。
    明快なテーマでわかりやすくておもしろかった。
    SFアクションかなーと思って見に行ったらラブストーリーでした。

    世の中には、鍵を忘れたり、会社に遅刻したりといったことが往々にあるものだけれども、それはすべてが偶然ではなく、運命に沿うように「調整」されているものかもしれない。
    誰とどこで出会って、恋して、結婚して・・というのも、実は「議長」が書いた運命の書につづられているものかもしれない。
    その運命に抗うことはできるのか、いや、運命は自分で切り拓くものだ!というよくあるけども、深いテーマ。

    調整局の面々が大切なところでミスしたり、やり損ねたり、なかなか人間臭くて可愛かった。
    いろいろ突っ込みどころが多いけども、楽しくみれて、なおかつちょっと考えてしまうおもしろい映画でした。
    デヴィットはいい男です。

  • パッケージで大まかな話は読んだんだけど、実際の内容とは相当違うような・・・?

    ちょっとしたアクションものだと思っていたのに、へなちょこパンチが数発で終わり。

    でも、設定が小説かマンガみたいで、家で観るDVD向きでした。

    あんな風に自分の人生を調整されてるんだったら、ワタシの人生も少し変えてくれないかなー。

    ジェットコースター人生とまでは言わないけど、もうちょっと波があってもいいんじゃないかしら。

    ベタナギも幸せなんだろうけど、ソレばかりでは飽きがきます。

  • 設定は悪くないと思う。
    悪くないけど上手く使えてない、
    その結果とても中途半端な展開や人物ばかり出てくることになった。
    そもそも婚約者がいるのにすぐ主人公に乗り換えるクソビッチがヒロインで良いのだろうか。
    アメリカ映画ってそうゆうヒロイン多いよね、婚約者がかわいそう

  • 人生は自分で切り開く。運命をも動かす意志を持って進みたい。

  • 初っ端はアクション風味の本作。意外にも、SFテイストを加味した「卒業」。つまり、ラブファンタジーである。もう少しハラハラドキドキ感があったら面白くなったかも。

全122件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アジャストメント [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする