食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]

監督 : ライアン・マーフィー 
出演 : ジュリア・ロバーツ  ハビエル・バルデム  ジェームズ・フランコ  ビリー・クラダップ 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011年8月24日発売)
3.05
  • (34)
  • (88)
  • (170)
  • (93)
  • (21)
本棚登録 : 899
レビュー : 166
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462077066

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 結構グサッとくる言葉があった。
    途中眠気は来るんだけどね笑
    2度くらい落ちかけたw

    ジュリアロバーツが食べて旅行してるだけのPVみたいな反応を見てたからあまり期待はしてなかったんだけど、そこまで言うほどひどくなかった。

    現実にはできねぇよ生ぬるいこと言ってんじゃねぇよって言ってる人は羨ましいだけなのでは?ジュリアロバーツの友達と一緒で。
    ていうか映画は自分が体験できないことを体験できる場所じゃないのかなぁ
    見てて腹立つものは鏡で自分が気にしてる部分っていうし
    と余計なお世話なことを考えてしまった(^◇^;)

  • 離婚から立ち直るためにイタリア、インド、バリを旅する女性の物語。
    人生を見つめ直すためにどーんと旅に出るって憧れる。けどやらないから、疑似体験を楽しめた。
    どこに行ってもいい友人達に恵まれて、それは主人公が周囲に素直に開いているからなんだなあと感じて、羨ましいというか見習いたくなった。
    クチュ・リエがとても可愛かった。
    バリ行ってみたくなったなあ。
    ただ、最初の旦那さん(素敵だった)との離婚の理由がわからなかった。
    あとジュリア・ロバーツがメタボを語るのは無理すぎた。

  • お手軽なスピリチュアル体験旅行みたいで浅い内容でした。そもそも夫とどうして別れないといけなかったのか分かりません。バリの占いは外れるでしょう。2度目の結婚も長続きすると思えません。実話の小説化だそうですが、この程度の旅行で、メンタルを調和させる真理を得たように書くのは、軽薄または傲慢な気がします。

  • まず自分からは見ない類の映画だけど、暇な機内で何と無く鑑賞。

    誰もが共感できる話ではない。
    だって、すべてを捨てて世界を旅をするっていうことは、
    それまでの人生で成功してお金を貯めている人にしかできないから。
    映画、というところに現実を求めても仕方がないのかもしれないけれど。

    でも、「自分の言葉」つまり自分を表す言葉を見つけようっていうところは印象的。
    文句いいながらも得るところがある映画だった。

  • 番宣で気になっていた作品でしたが、最後までおいてけぼりくらってあんまり楽しめなかった。

    最初、主人公が具体的に何に悩み苦しんでいるのかが全く理解出来なくてイライラしていたけど、最後まで物語を観た後は、むしろ旅に出るまでの過程はこの作品ではあまり重要じゃなかったのかな、とも思いました。

    イタリアに行って国民の陽気さや考え方に今までのルーティンワークの固定概念が抜けて、おいしい物を食べて、昔の建物に想いを馳せるシーンが特に印象的でした。
    その後、インドに行ってインドネシアに渡って、画面越しにガラッと変わる町並みや国民性を観ていると、プチ観光した気分になれて楽しかったですね。

    ただ個人的に、最後まで彼女の決断がなぜそうなったのか全く理解出来なかったのが残念でした。最初から最後までなんだか色々とうやむやなまま終わってしまったので☆ふたつです。

  • 体は実際にいろいろな土地を旅しているのに、心は自分の奥に向かって旅をしていて、旅先で出会う人もなんとなく風景のように映る、まさに自分探しの旅を表現したような作品。「思ったよりつまらないなあ」と思いつつみているうちにじわ~と感動がこみ上げてきた。見終わった後、解放された気分になれる。癒しの映画?

  • “子供を産むのは顔にタトゥーを入れるのと同じ 相当の覚悟が必要よ”

    “うまくいかないのは分かってるけど 関係を続けよう
    別れたくないんだ
    ずっと一緒に暮らそう 別れるより、その方が幸せだよ”

    “人は 何かが壊れることを恐れ
    みじめな暮らしを続ける
    でも 壊すことも大事
    そこから新しい自分が生まれる
    人は変化に備えるべきよ
    破滅を恐れるあまり一緒に暮らすなんて最悪!”



    ジュリア・ロバーツはいつ見てもチャーミング!ファッションも素敵ね。

  • やっぱりラブコメ好きだ。

    ハッピーなのがいい。

    主人公と一緒に旅をしてるようなワクワクする色彩感。

    海外いろんなとこ行ってみたい!

  • ああ、食べて祈って恋したのね。ふーん。

  • イタリアの食べ物がおいしそうでした

    息子いいやつ

全166件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする