ダ・ヴィンチ 2011年 09月号 [雑誌]

  • メディアファクトリー
3.37
  • (0)
  • (13)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 83
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910059470913

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一度買うと、いつまでも読み続けてしまう雑誌『ダ・ヴィンチ』。


    ●特集1
     映画『神様のカルテ』も公開!豊かな時間が流れる街と山々
     松本 わたしをとりもどす街
    ●特集2
     羽海野チカ 精一杯の真実


    相変わらず、ページをめくるたびに、読みたい本リストが増えていく…。
    以下、気になった本(含既読)。
    ・真藤順丈『畦と銃』
    ・貴志祐介『鍵のかかった部屋』
    ・林完次『宙の名前』
    ・角田光代『キッドナップ・ツアー』
    ・さだまさし『解夏』
    ・北沢秋『奔る合戦屋』
    ・山崎ナオコーラ『男友だちを作ろう』


    松本は、学生時代の友人達と、1泊旅行で行ったことあるけど、一度ゆっくり訪れてみたい街。『神様のカルテ』読んだら、特に行ってみたくなりました。
    第2特集の羽海野チカ。先日、原画展も観てきたけど、『ハチクロ』ブームにだいぶ遅れてからハマった漫画家の1人。池袋で開催されてた原画展も観に行きました。

    あと、実は毎回楽しみにしてるのが「百人書評」。今号のいけにえ本は、有川浩『阪急電車』でした。

  • 羽海野チカさん特集目当てです。ハチクロファンですが、3月のライオン未読。インタビュー読んでたら3月のライオン読みたくなってきた!イラスト入りオビ編の、『リストランテ・パラディーゾ』が懐かしい!この帯のお陰でオノ・ナツメさんを知ったので(笑)他の帯も一つ一つが濃いなあ(笑)羽海野チカさんへの手紙も面白かったです。おかざき真理さんとの対談、初っ端からテンション高い!(笑)仲良いなあ。是非恋ばなも聞きたいです(笑)

  • 図書館で。

  • 羽海野チカ特集を読みたくて借りた。

    3作目の長編の構想がもうあると読んで嬉しくなった。
    おかざき真里の漫画も読みたくなった。

  • 羽海野チカ先生特集があったけん買ったのに、デザインが勉強できた。
    あと表紙の桜井くんがキラキラしすぎて部屋に雑誌置いても、なんかしっくりこないww

  • 表紙:櫻井翔

  • ◯ [コミック ダ・ヴィンチ] オトコたちの哀歌 非モテマンガ
    ◎ 羽海野チカ特集

  • 「あの人から羽海野チカへの手紙」へ寄稿

  •   松本の文化スポットを巡る旅。特集としてこんな渋いものがあるのだろうか、と思う。ゆるい時間と、淡い光の写真、今日は何したんだろう。そんな事をふと思いながらペラペラとページをめくる。意外なのは、有栖川有栖がJTの広告に寄稿していたこと。また、面白い本に出会えますように。

  • 羽海野さんの記事が読みたくて買った。

全16件中 1 - 10件を表示
ツイートする