仁義なき戦い [DVD]

監督 : 深作欣二 
出演 : 菅原文太  田中邦衛  金子信雄  松方弘樹  梅宮辰夫 
  • TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2013年11月1日発売)
3.96
  • (30)
  • (38)
  • (20)
  • (7)
  • (0)
  • 本棚登録 :190
  • レビュー :33
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988101160389

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 菅原文太といえば、自分にはNHK大河ドラマ『獅子の時代』が最も印象深いのですが、本作や『トラック野郎』も昔テレビで放映されていたのを観たことがあるなあという程度でしたので、今回本格的に観てみることにしてみました。たぶん再見です。ただこのシリーズはいろいろとあるので、自分の中でかなりごっちゃ混ぜになっている感じもあります。(笑)菅原文太の出世作にして、やはり最大の代表作になるのでしょうね。
    謹んでご冥福をお祈りいたします。

    1973年の映画とのことです。監督は深作欣二です。
    本作品は深作欣二監督の代表作でもありますが、全体的にテンポがよく、いやむしろハイスパートで息もつかせない展開で、実録風のリアルな撮影手法と広島弁丸出しの演出、そして刀物だけでなく拳銃を十二分に使った過激な描写にて、これ以降の暴力団抗争を描いた映画の方向性を決定付けたともいえるでしょうね。本作品は99分と割と短い上映時間ですが、前半と後半の2部構成となっていて、時間が少ないせいか抗争の背景と人間関係の説明が十分とはいえずはなはだ難解ではありましたが(笑)、そのようなこともさして気にならず一気に観終えることができました。
    主演の菅原文太の広能昌三役は朴訥で無鉄砲な人物描写が見事に当たっていましたね~。菅原文太のたどたどしい広島弁にまさにぴったりです。もちろん凄みがあるのですが、何か泰然としている感じがとても良かったですね~。本作品ではもちろん主役には違いないのですが、話の流れから考えるとむしろヒットマンとしての周辺の人間に過ぎず、そうした傍観的登場人物として打ってつけの性格演技と演出でもありました。
    そして、若頭・坂井役の松方弘樹が迫力満点です。あの感じで道を歩いていると本当のヤクザも道を避けるのではないかなあ~。こわっ。(笑)それに梅宮辰夫の若頭・若杉の任侠ぶりも良かったです。梅宮辰夫ってこんないい役(?)できてたんだなあ~。はっきり言えば『特命係長・只野』の社長役のイメージでしかなかったです。(笑)どうでもいいですが、若杉の情婦役の飲み屋のママ役の女性はキレイな方でもっと出演して欲しかった!(笑)他にも川谷拓三や渡瀬恒彦がチンピラ役になっていて、なかなか豪華な出演陣も大いになる魅力でしたね。意外とコワくなかったのが田中邦衛だったかな。(笑)本作品のMVPといえば、やはり山守組長役の金子信雄でしょうね!あのヘタレぶりと裏にまわっての陰険ぶりが楽しくて何回も笑ってしまいました。(笑)
    それにしても、暴力団の抗争映画って古今東西、汚い利権争いに義理と裏切りの相克と相場が決まっているのですが、この定型的パターンがなぜか「親しまれる」のは、人間の暗黒面を凝縮して傍目として楽しめる程度にまで娯楽化しやすい単純さにあるんでしょうね。
    本作品は次回に引っ張るような終わり方をしていたので、この続編も大いに気になるところです。なんかこの先ハマりそー。(笑)

  • 見たこと無い人でも、♪ジャララーン! ジャララーン!♪という例のテーマ曲(作曲:津島利章)は知っている、東映実録ヤクザ映画の代表作。前半で義理と人情の「極道」を描き、後半は、時世の変化に伴い保身と利権で醜く爛れていく「暴力団」の世界を描いている。

  • 肉片が飛び散り血しぶきが噴き上がるバイオレンス・シリーズ第一弾。タランティーノも崇拝する深作欣二監督、どこかキル・ビルに通じる雰囲気があった。もう少しストーリー性があれば良かった。

  • 真面目に、必死にやっている若者が上司の言うようにやって行ったらとんでもない事になりつつ、信念を探し出す話

  • 二度目。
    戦後の闇市を舞台にしている映画はただでさえ好きだ。
    虚無を超えて、むせ返るような砂埃と男たちの汗と体臭、充溢する生のエネルギー。

    それはつまり極道の世界。
    もてあました力を暴力に向ける。

    ヤクザと戦後、あれほど似合う時代はないのだろうなあ。

  • 話が粗い。。。
    後半から盛り返すが、
    中盤までは、雑。

    仲間で殺し合ってるから、
    “仁義なき”ってことなんだろうけど、
    誰に対しても感情移入し辛い。。。

    それでも広島弁と血の多さで
    インパクトは十分。

  • なんと言っているかわからないところが多々あった。

  • 役者の顔ぶれがすごく、それぞれが濃くて熱い。金子信雄がいい味出している。

  • いつかは観たいと思っていた映画。今は亡き菅原文太さん主演、梅宮辰夫さんや松方弘樹さん等の若かりし時の勇姿が観れる作品です。単なるヤクザの権力闘争を描いている作品ではなく、そこには「太く短く」生きる男たちの生き様が観られます。

  • 最後クソかっこいい!!!

全33件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする