極道兵器 [DVD]

監督 : 坂口拓  山口雄大 
出演 : 坂口拓  鶴見辰吾  黒川芽以  村上淳 
  • Happinet(SB)(D) (2012年1月7日発売)
2.46
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 21
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953046634

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • クソ映画。C級以下。鶴見辰吾の汚点では?

  • 制作年:2010年
    監 督:山口雄大、坂口拓
    主 演:鶴見辰吾、黒川芽以、村上淳、坂口拓
    時 間:100分
    音 声:日:ドルビーデジタル5.1ch


    西日本を牛耳る岩鬼組組長の一人息子・岩鬼将造は、自らのアイデンティティーである仁義を貫くために、自分の片腕をマシンガン、片足をバルカン砲に改造する。
    自らの身体を兵器に改造した将造は、父親の仇を討ち、親友との友情を守るために激しい戦いを繰り広げる。

  • 【コメント】
    悪い意味じゃなくてB級映画。勢いはよい。

    ただ最後までみても「なんじゃこりゃ?!」
    となると思いますが。。。

    *** 作品としてのみどころ
    冒頭で将造が傭兵として戦っているシーンはみどころなんだろうけど、
    極道兵器として蘇る中盤以降のアクションシーンが、製作者が一番
    みてもらいたいところなんでしょう。

    片腕はガトリング砲、片足はロケット砲になり、
    殺られる相手はミンチです。。。

    【内容】
    サイボーグ極道が暴れまわるアクション映画。
    日本極道の支配を企てる倉脇に将造が立ち向かう。

    長いこと海外で傭兵稼業をしていた将造が日本に帰ってみると
    自分が跡目をつぐべき組がなくなっていることを知る。
    将造の父は、西日本を牛耳る岩鬼組の組長だったが、腹心の倉脇
    により暗殺されたのだ。将造は倉脇との戦いを決意する。

    将造は、一度は倉脇を追い詰めたものの片腕と片足を失い
    倉脇は取り逃がしてしまう。瀕死の重症を負い絶対絶命だった
    そんな彼を内閣特務捜査機関(日本國の危機を超法規的に
    解決する機関)が、彼を政府の道具として利用するために
    サイボーグとして復活させるのだった。

  • 流石、坂口拓のハチャメチャZ級なアクション映画ですね〜
    かなり笑います。元々カルト的な印象が強い彼ですが、もうアホっぷり最高のナリキリヒーローなところは相変わらず全開です。
    もう暇で暇でやることなくてどうしようもない時に観て下さい。

  • 今の時代に何で極道兵器?と思ったけれども
    想像以上に石川賢愛に満ちた作品だった!
    原作にあったエログロバイオレンス描写が
    低予算ではあるもののちゃんと再現されているし、
    無軌道&アナーキーなノリもそのままに、
    制作者の石川賢リスペクトを感じた。

    低予算ながらもアイデア満載のアクション描写、
    最近の邦画ではまず観る事の無い
    長時間の長回しアクションへの挑戦等、
    徹頭徹尾『観客を楽しませる』姿勢に感動すら感じた。

    しょーも無いTVドラマ映画の制作者に爪の垢を飲ませたい。
    ワシャこの映画、気に入ったどーーっ!!

  • うわ。最悪…

  • 「絶対入れて欲しかったこれがなかった!」と言う点がいくつかあって残念なものの、全体的には面白かった。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする