輪るピングドラム 5(期間限定版) [Blu-ray]

監督 : 幾原邦彦 
出演 : 木村昴  木村良平  荒川美穂  三宅麻理恵 
制作 : 西位輝実  幾原邦彦  イクニチャウダー  伊神貴世  ブレインズ・ベース 
  • キングレコード (2012年2月22日発売)
4.70
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003808532

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 求める5巻

    だんだん手に汗握る展開となってきてますね

    OPやEDもこの作品の世界観にあっていてついつい見入ってしまいます

    切なくて愛しい皆に
    幸せになってほしいなぁ

  • 13th station:僕と君の罪と罰
    プリンセス・オブ・ザ・クリスタルの力によって蘇生し、生きながらえていた陽毬が再び意識を失い、危篤状態に陥った。冠葉はプリンセス・オブ・ザ・クリスタルに、自分の命で陽毬の命を贖うと告げ、陽毬に命を分け与えようとするが、その努力も空しく陽毬の命は尽きてしまう。絶望する冠葉。だが彼の前に、渡瀬眞悧という医者が現われる。眞悧は冠葉に諦めるなと語りかけると、陽毬を生き返らせるという薬を取り出すのだった。


    14th station:嘘つき姫
    眞悧の薬によって陽毬は奇跡的に息を吹き返したが、晶馬は苹果への罪悪感に苦しみ、苹果と会うのを避けていた。晶馬に会おうとする苹果に向かって晶馬は、お互い傷つけ合うだけだから僕たちはもう会わない方がいい、と告げる。 一方、冠葉は陽毬の病を治す薬を手に入れるための金策に駆け回っていた。なんとかして薬の代金を集め、眞悧に支払った冠葉は、陽毬がいつ退院出来るのか尋ねるのだが……。


    15th station:世界を救う者
    晶馬に拒絶され、落ちこむ苹果を熱海の温泉旅館に誘うゆり。彼女は自分が桃果の同級生だったと明かす。そして本当の自分を愛してくれた桃果は自分の運命の人であり、苹果に桃果になって欲しいと妖しく迫るのだった。 一方、苹果と別れた晶馬は、苹果にヒドイ事を言ったと後悔していた。そのとき彼の携帯に苹果から電話がかかってくる。電話に出ると苹果は「私もうメチャクチャにされちゃうから」と衝撃的な内容を語るのだった。


    http://penguindrum.jp/story13-16/

  • 13~15th Sta. に
    ( ゚д゚)<生存戦略ぅーーー!
    がなかった。非常に残念w

    ===

    家族関係、特に親との重たい関係の描写にグロテスクな部分があり、実際に親と関係がうまくいっていない人が観ると、傷をさらにえぐられるような感じかも。
    (なので、個人的にはとても好きだけど、評価は★4で。)

  • 眞悧先生の中の人こと小泉さんはコメンタリーで細かい考察をたくさん入れてくれて、ピンドラのこと大好きなんだなあと聴いていて面白かったです。トークこなれているなぁ。幾原監督は隠れた逸材をよく見つけてくるなぁ。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする