ドライブ・アングリー [DVD]

監督 : パトリック・ルシエ 
出演 : ニコラス・ケイジ  アンバー・ハード  ウィリアム・フィクトナー  ビリー・バーク  デヴィッド・モース 
  • Happinet(SB)(D) (2011年12月22日発売)
2.82
  • (2)
  • (13)
  • (30)
  • (22)
  • (4)
本棚登録 : 137
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953046559

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ~★死者を殺すことはできない・・・そりゃそうだ★~

    なんかいつも情けない感があるニコラス・ケイジだがこれはいい、
    地獄から復讐の為に脱獄してきた男ミルトンを演じています。

    どうりで中々死なないんですね。

    そして脱獄したミルトンを追跡する
    黒服の監査人ウィリアム・フィクトナーが、
    地獄からミルトンを追かけて来て手助けしちゃうってお話。

    内容はハチャメチャで面白いです。

    ラスト、ミルトンがめでたく復讐を果たし、
    殺した相手の頭蓋骨で酒を飲むんですが、
    穴が開いててこぼれちゃいます。

    で、地獄の黒服と仲良く地獄に帰ります。

    よかったね

  •  カルト教団に娘を殺され孫を生贄にされようとする男が復讐に出る。しかし、男には秘密があった。。。

     ニコラス・ケイジや死神役のウィリアム・フィクナー(明らかにプリズン・ブレイクを意識)の雰囲気はよし。カルト教団のリーダーはいまいち。
     カルト教団を追いながら死神の追手も交わすというのがストーリーの柱ながら、最後なし崩しっぽく死神と共闘してしまうのがうーん。。。。もうちょっと色々欲しかった。。。

  • 復讐に萌える不死身の男!というよりもかなりむちゃくちゃな振りの映画なんですけど、年をとってもこういったアクション映画はニコラス・ケイジの真骨頂なのかもしれません!

    たったひとつ彼に残されたものは悪魔の生贄にされようとしている赤ん坊が殺された娘の忘れ形見だった。

    「ドライブ・アングリー」
    https://www.youtube.com/watch?v=THCZVzBRd-E

    最近のアクション劇って銃に撃たれたあとの処理がえぐすぎない?確かに打たれたらそうなるのかもしれないけどグロいんだよね~もしかしたら銃の危険性を訴えているのかもしれないけど…

    それにしてもウィリアム・フィクナーっていい味出してるよなぁ~代表作といえば「アルマゲドン」や「ブラックホークダウン」なんでしょうけど厳格な軍人役が一番かと思っていたけど、幅広いですね~。今後も脇で固める作品ばかりでしょうけど期待をしたいですけどね♪

  • 「午後のロードショー」にて。ニコラス・ケイジは、当たり外れが大きいというより、「ナショナル・トレジャー」を最後に「外れしかない」気がしますよ…。

    本作も「外れ」の部類だとは思いますが、脇を固めるヒロインのアンバー・ハード、敵役(?)のウィリアム・フィクトナーがなかなか良いし、映像ギミックも凝っているので、簡単に切っては捨てられない魅力があったかと。

  • 暴力・酒・性・新興宗教に復讐を交ぜたような映画でした。
    シリアスなコメディーとでも言うべきか、所々で思わず笑いたくなる場面を挟んできます。
    アクション映画として正統派とは言えないかもしれませんが、気楽に見られる一本としては価値があります。

  • ニコケイがダイナーで車を探す
    ニコケイを探す男が歩いてダイナーを訪れる
    ニコケイは車を貸してくれた女性と行動する

    ニコケイはカルトに娘を殺されて、娘の娘すなわち孫娘をカルトから取り返そうとする
    ニコケイはカルトのリーダーに殺されそうになる
    ニコケイはどうなるのか!?


    安定のニコケイ印
    ニコケイファンが作る(たぶん)ニコケイファンの映画(ぜったい)
    「赤ちゃん泥棒」のニコケイが赤ちゃんを助けようとして、「60セカンズ」のニコケイがメリケンスーパーカーを運転して、「ザ・ロック」のニコケイが刑務所を脱獄して、「リービング・ラスベガス」のニコケイがビールを断って、「シティ・オブ・エンジェル」のニコケイがミルトンって名前だったり、「ロード・オブ・ウォー」のニコケイが武器を盗んだり、「ゴーストライダー」ニコケイが頭蓋骨で酒飲んだり、きっともっともっとニコケイ映画からサンプリングされてたりするんだろう
    うー、解説してるナニかがないかなぁ、、、
    ハリウッドアクション映画で観たことあるようなシーンを織り交ぜながら面白おかしい3D映画で配給されたのをレンタルで知ったのがあー、悔しい。ニコケイ最高
    助演で「コンタクト」で印象的な役をした2人、ジョディの同僚を演じたウィリアム・フィクナーとジョディの父ちゃんを演じたデビッド・モースが出てるのでマジで「コンタクト」ファンのオイラは血圧上昇
    そういえば、デビッド・モース演じる監査役がニコケイ演じるミルトンに対して「ヤツは短髪のほうが似合う」って言ってたのがク〜!監督、わかってるね。オイラもニコケイは短髪がいいと思うんだよね
    ヒロインは「ザ・ウォード」の可愛い女の子を演じてたアンバー・ハード
    映画自体は結構殺戮シーンがあったり、ニコケイのセックスシーン(ニコケイの脱ぎはナシ)があるのにR指定がされてないことに驚き
    あ、ニコケイってニコラス・ケイジさんのことね。知ってると思うけど
    (6/06/'14)

  • ( ^o^) Patrick Lussier監督。
    Nicolas Cage主演のアクションもの。漫画の実写化のようなストーリー・脚本も面白く、ド派手な演出も見応えがある。Sexy & Violenceで一流のB級作品って感じ。
    名脇役のWilliam FichtnerとDavid Morse も出演。特にWilliam Fichtnerのキャラクターが最高だ。

  • くだらない。。。
    アメリカだから許されるという感じか。娯楽に徹したB級映画っていうところでしょうか。
    でも、嫌いじゃないです。

  • 地獄から脱走して、孫を救うおじいちゃんの活躍を描いたアクション映画。
    カルトとドンパチとエロとB級色満載。
    こんなアホ作品は嫌いではないです。
    巻き込まれたヒロインは格好よいが、これから子育て大変だね。

  • いきなし人生語るとかワロタ

全30件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする