アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事! [DVD]

監督 : アダム・マッケイ 
出演 : ウィル・フェレル  マーク・ウォールバーグ  エヴァ・メンデス  マイケル・キートン  サミュエル・L・ジャクソン 
  • Happinet(SB)(D) (2012年1月7日発売)
3.03
  • (5)
  • (17)
  • (37)
  • (17)
  • (4)
本棚登録 : 137
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953046771

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日陰者の凸凹刑事コンビが花形デカに憧れて巨大金融詐欺事件に挑むアクションコメディー。正直、終始笑えず退屈なシーンが多かった。ストーリーは割と普通なので最後まで観れたが、ほとんどの日本人はこの映画で笑えるシーンは皆無だろう。もしあるとすれば、序盤にゲスト出演するサミュエル・L・ジャクソンとザ・ロックの花形デカっぷりとヤンキースのジーターとパリス・ヒルトンの無駄遣いくらい。“笑い"を期待しても“アクション"を期待しても、どちらも得ることは出来ないしょーもない映画です。

  • (2010年作品)

  • 花形刑事のサミュエル・L・ジャクソンとドウェイン・ジョンソンをとんでもない当て馬に使い(あの飛び降りシーンには爆笑)、「アザー・ガイズ」の日陰者が活躍するという設定はなかなか痛快。

    熱血なだけのマーク・ウォルバーグはいまひとつ面白みに欠けるか。ウィル・フェレルは地味で堅物なのにやたら美女にモテて、ときどきぶちキレるという面白キャラ。ギャグも結構笑える。

    そんなくだらないコメディ映画のはずなのに、冒頭のカーアクションはびっくりするほど金がかけられているし、金融犯罪を扱うストーリーはやけに難しいし、なんだか奇妙なバランスの上にたっている映画です。

  •  ヒーロー刑事コンビの殉職で冴えない警官二人にチャンス到来。二人は巨大な犯罪の手がかりを掴む。

     アザー・ガイズのタイトルどおり普通の刑事モノ映画とちょっと違ったコンビ。普通の刑事映画をコメディタッチにして、でもちゃんとアクションしてる。リーマンショックも茶化してて意外と社会派なのも面白い。
     ただ、こういう映画見てると日本とアメリカの笑いのツボって微妙に違うんだなぁと実感する。

  • ニューヨーク市警の冴えない窓際刑事コンビのアレン(ウィル・フェレルさん)とテリー(マーク・ウォールバーグさん)が花形警察官を夢みて、投資詐欺を企む悪人たちに立ち向かうドタバタ警察コメディーです。出演者に大物が多く、”まさかあの人が出演?”ってびっくりしますよ。内容はまーまーかな。

  • 前半は主役2人と周りの小ネタにめちゃめちゃ笑わされたけど後半が残念。事件の内容が雑で入り込みにくい。ヘリはチートだよね。

    paper b*tchなどの罵倒ワードがなかなかバリエーションあって良かった。

  • もっとバカ映画だと思ってたらストーリーもアクションもちゃんとしてる。もっとはじけてる方が好み。海外モノのは仕方ないし、自分の英語力が無いからだけど和訳だとジョークが笑えないことが多い…
    個人的には特典のミニスピンオフとNG集の方が楽しいです。

  • 豪華キャストだけど、話としては基本的なバディ刑事モノの面白さです。
    こういう映画は時々観るといいね。
    マーク・ウォールバーグの松岡修造的な暑苦しさが面白いです。

  • これもウィル・フェレル主演作。さっきのサボテンアミーゴと違って豪華客演の超大作。

    アメとムチ作戦クソワロタ。TLCネタも意味不明だけどワロタ。

  • アクションあり。
    カーチェイスあり。

    ゆるーく楽しめる笑いがちらほらあり。

    金融業界の批判もあり。

全31件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする