アンチャーテッド - 地図なき冒険の始まり - - PSVita

  • ソニー・コンピュータエンタテインメント (2011年12月17日発売)
  • PlayStation Vita
3.76
  • (5)
  • (24)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 111
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4948872020015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 携帯ゲーム機でここまでのクオリティを出すとは、PSVitaがスゴイのかアンチャがスゴイのか。過去のシリーズの雰囲気をよくぞここまで再現したなと。

    ボリュームはそこまで多くはなかったものの、携帯ゲームとしてならこのくらいが丁度イイのでは。ただし、PSVitaのロンチタイトルということで仕方ないのかもしれないけど、ところどころタッチ操作の強要がちょっとなぁと。まあ慣れりゃ全然気にならなくなったかな。

    1つ不満を挙げるとすれば、過去のシリーズではオマケ(でもないけど)的な存在だった宝物の 発見が、今回はボリュームが少ないせいなのか思った以上に重きが置かれていて、ストーリーを進めたいのに宝物も探したいと、どうもスムーズにプレイするには相殺し合ってるようなシステムだったなと。

    ま、1回クリアした後にゆっくり探せばいいのかな。でもそれだとなんか二度手間になるしなぁ…。とりあえずなんだかんだでよくできたタイトルなのでは。

  • Vitaの小さいけれども綺麗な画面で雄大な光景のオンパレードのアンチャーテッドを遊べるということでとても楽しめました。アンチャーテッドらしい映画的表現と激しいTPS、そしてサリーの軽口など、アンチャーテッドはVitaでも健在でした。大変楽しめました。

    しかし、VitaのローンチタイトルらしくVitaのタッチパネルや背面タッチパネル、傾きセンサーなどフル活用した無駄なミニゲーム類がとことんテンポを悪くしているので★マイナス1です。
    ソニーはせっかくのいいハードに余計な機能をぼこぼこつけたとホント思いました・・

  • vitaソフトの中では一番いいとおもう。vita特有機能も全て使ってるので、最初のソフトはこれで決まり!

    トロフィーはps3よりも面倒だけど、頑張れば余裕でとれるので良いですね

  • Vitaの真髄はセンサーの使い方。そこでのいろいろなチャレンジが好き。真面目に考えてる。

    瀧を下るところや、地図を透かしてみるところや、拾ったものを綺麗にするところ。

  • レビュー『アンチャーテッド −地図なき冒険の始まり−』
    http://mygamelife.hateblo.jp/entry/2012/04/12/113911

  • 体験版をプレイして面白く感じたので購入しました。初めてのTPSで、初めての洋ゲーです。
    すごくムービーシーンが多くて、ゲームをしているのに映画を観ているような気分になる作品でした。ストーリーはなかなか面白く、登場人物も好感が持てて良かったです。
    崖や壁をつたって進むクライミングは少々面倒でした。
    タッチパネルを利用した操作は概ね楽しめましたが、布を切る動作については無駄な操作を要求されているような、しっくり来ない気分になりました。
    銃撃シーンは初めての体験でしたがとても楽しく、特にスナイパーが良かったです。動きがリアルな分、胸が痛むという問題はありましたが……。
    ミステリー集めは非常に楽しかったです。特に写真を撮る場所は夢中になって探し回りました。ですが、同じエピソード内でもポイントとなる部分を通過すれば、前の場所に戻れないというのがきつかったです。同エピソード内であれば、自由に動き回る事が出来れば……と思います。そういう部分が面倒に感じて、コンプしようという気にはなれませんでした。
    少し酔いやすい方ですが、カメラは安定していて気分が悪くなる事もなく良かったです。
    ボリュームも十分で、グラフィックもとても綺麗でした。

  • PSVitaロンチソフトの中で、アンチャーテッドはグラフィックがずば抜けて素晴らしい。PSVitaの性能を100%引き出しているのではないかというほどで、遺跡を見ているだけでもうっとりする。

    PSVitaの様々な機能(タッチ、背面タッチ、ジャイロセンサー、カメラ)などを使った様々な謎解きなどが用意されているので、スマートフォンなどを持っていない人は楽しめるかもしれない。逆にスマートフォン持ちの人には何も新鮮味はない。

    ゲーム内容はいつものアンチャーテッドで、登って戦闘ムービー、登って戦闘ムービーの繰り返しなので、作業感は相変わらず高い。
    しかし、グラフィックは素晴らしいので、PSVitaのソフト選びに迷ったらとりあえず買ってみるといいかも。中古で安く買えるはず。

  • VITAロンチとして従来の携帯機をすべて置き去りにするグラフィックがとにかく凄い
    ストーリーもなかなか良かった(0をうたったわりにあまりシリーズに繋がるような話ではなく他の話と大差ない)
    ただ、このVITA版アンチャーテッドは
    欠点も多く見られた
    他のシリーズと違ってクライミングパートが長かったり、そのわりにバグなのか飛ぶ場所がわかっていても飛び移れない時もある
    そしてクライミングパートでは従来操作も可能だが、格闘中のボタン押しが全てタッチパネル強制になっている
    銃撃戦は多少据え置きより狙いにくいことを考えてか、ロックオンのようなシステムが追加されていて、これはかなり気持ち良く有りだった(OFFにもできる)
    またアンチャーテッド2、3のようなマップが次々と崩れて行き、まるで映画のワンシーンのようなところは本作になく、どちらかというと1に似た作り

    据え置きのほうのシリーズが偉大すぎるだけに欠点も目立つ本作だが、やはり携帯機としては飛び抜けた内容だったのでオススメしたい
    次回作があるなら格闘タッチパネル強制はやめてほしいところ

  • 予想の、いや期待どおりの冒険活劇。
    アドベンチャー映画の主人公を操作している気分。
    インディジョーンズ映画が好きなら、楽しめることでしょう!

    さて本作はVitaのローンチソフトとして出たが、その役目を充分以上果たしていると、とても強く感じた。

    全面背面タッチ。アナログスティック。ジャイロセンサー。そして背面カメラ。
    勿論、従来からのボタン操作。

    色んな意味で良いソフトだった。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アンチャーテッド - 地図なき冒険の始まり - - PSVitaを本棚に登録しているひと

ツイートする