BRUTUS (ブルータス) 2012年 1/15号 [雑誌]

  • マガジンハウス (2011年12月15日発売)
3.64
  • (18)
  • (44)
  • (37)
  • (5)
  • (3)
  • 本棚登録 :362
  • レビュー :46
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910277530123

BRUTUS (ブルータス) 2012年 1/15号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本好きにはたまらないでしょう。
    年末に何を読むか、ワクワクしてきました。

  • 読書特集に飛びついてた頃に買った一冊。

  • 気になる本を数冊見つけたので、今度読んでみよ。

  • 最近の自分の傾向として、小説よりノンフィクションに興味有ることに気づいた。読みたい本がいっぱい!

  • 本の特集

  • 今年話題になった本の紹介特集。

    意識的に新しい本も読むようにしたので、だいたいキャッチアップできた気がする。

    各地で小さな出版社が流行ったりブックイベントが賑わったり。
    面白いセレクト古本屋、新本屋もずいぶん増えてきました。

    ここ最近になってまた出版業界も新しく変わり始めています。

    今後がとても楽しみになる一冊。

  • 今年はきちんと、幅広く、本を読もう、と、思い。

  • 2012年、世の中が変わる時に読む本。会計のクロージングを待ちながら、オフィスで読んだ。中国へ来てから数年で、非常に楽しかったしいろいろな価値観が変わった。世の中が変わったというよりは、自身が変わって見える世界が変わった。だから、世の中の価値観が変わった、リスク社会になったという論調には違和感を覚える。価値観が変わって、社会の夢が部分的に現れAKB48が登場した。本当かな?若者は何も考えなくて良い時代、生活に苦労もなく、なんとなく幸せ。もっと、REALに触れなくてはいけないと。じゃあ、その論調の方が若い頃は、不幸だったのか、またはハッキリと幸せだったのか。リアルに触れ死と直面し、緊張感ある時代だったのか、それは良かったのか。逆に今の時代だなと思うのは、ONE PIECEをテーマ本として示す人がいること。夢を共有して、仲間で進む。さて、時代小説からポップカルチャーまで、次はどんな思いを読もうかな。

  • BRUTUSはどんなテーマを編集させてもセンスがいいなぁ。
    好奇心が広がりすぎて困っちゃう本特集。

  • 年末の楽しみ。
    今年も表紙がきれい。

全46件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
國分 功一郎
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

BRUTUS (ブルータス) 2012年 1/15号 [雑誌]に関連する談話室の質問

BRUTUS (ブルータス) 2012年 1/15号 [雑誌]を本棚に登録しているひと

ツイートする