暮しの手帖 2012年 02月号 [雑誌]

  • 暮しの手帖社
4.28
  • (8)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910032030226

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子育てのコツ100

  • わが家のハンバーグ、花ふきん模様集、手打ちうどん、収納カタログ、育児としつけ100のコツ、チョコレートの手づくりお菓子。暮しの手帖らしい内容。

  • ハンバーグ特集のおいしそうなことといったら。
    ブルーチーズが入ったハンバーグなんてこの特集を読まなかったら思いつかなかっただろうなぁ。
    ワインソースにハチミツ入れるのも美味しそうだし、今度試してみたい。
    あとは細谷亮太さんのエッセイで紹介されていた「大丈夫論」が心に残った。
    「大丈夫」というのはもともと仏教語で福徳と慈悲と智慧を併せ持った菩薩のことを言うらしい。
    普段何気なく言っている言葉にこんな大きい意味があったとは。

  • 深澤直人の連載が特に印象深かった。今回は「箱」がテーマ。人々の暮らしと密接に関わりながら使う人自身の歴史の一部となってきたという筆者の持論が緻密で落ち着いた文章で解説されている。
    箱が持つ余地は、使う人に無限の創造性と個性を委ねていて、簡素は時に豪華を凌駕する魅力を持つということなのかもしれない。
    また、そのような箱の機能美だけでなく、外見的美しさと用途両面のデザインの多様性をミニマリズムが注目されるに至る経緯に触れながら述べている。
    主役はいつもその中身であり、箱はそれを保管するための道具であるというイメージが静かに覆された内容だった。
    空間であるという点で、家も箱も同じだなあと思ったりもする。

  • さらりとみた

    ハンバーグが何種類か載ってた

    こういうのをゆっくり読めるようになりたい

  • 育児アドバイスの中に、ときどきはっとする内容があった。年齢別にたくさんあったから、また何年かしたら読み返したい。

  • 育児としつけ100のコツにひかれて。

全7件中 1 - 7件を表示
ツイートする