週刊 東洋経済 2011年 12/31号 [雑誌]

  • 東洋経済新報社
3.26
  • (1)
  • (7)
  • (9)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 52
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910201351213

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4910201351213 230p 2011・12・19 

  • 就活の時事対策に買った1冊。

  • 2012年も半年も過ぎて、今更という感じも否めないが…
    確認を込めて読んでみると、当たり外れは半々。
    現在、政治的な問題の予想はほとんど進行中なので、どちらとも取れる。
    民主党政権の右往左往がよく分かるのは確かである。

  • 本書に書かれた内容がどう変化すのか今年一年過ごして、自分自身で確かめたい。

  • 出張の暇つぶしに買ってみた。
    原発の話が多く取り上げられていた。
    正直特に印象に残っている記事がない。

  • 2011年の復習と、それが2012年にどうつながっていくのかが整理できる。
    EU経済とか、日本経済とか、格差問題とか、世界的選挙とか、いろいろあるけど、一番気になったのは電力問題。
    去年の夏は、計画停電とかをして節電に励んだけれど、冬は何もしなくても電力が足りてしまった。
    しかし、今年はおそらく春には日本全国の原発が停止するので他地域からの電力融通も見込めない。
    となると、今年は去年以上に大変な夏を迎えること必至ではないか!?
    子どももいるし、早めに対策しようと思う。

  • 今年もいろいろありそうだ。

  • 今年の出来事の復習と、来年の展望が学べる。

  • 図が多くて理解しやすかった。
    2012年、どうなることやら。

  • 来年のイベント把握のために。株価や為替予測などは毎年あてにならない。今年の価格は780円。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東洋経済新報社(トウヨウケイザイシンポウシャ)

「2018年 『「会社四季報」業界地図 2019年版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする