1408号室 [Blu-ray]

監督 : ミカエル・ハフストローム 
出演 : ジョン・キューザック  サミュエル・L・ジャクソン 
  • 東宝 (2012年3月23日発売)
3.09
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104070968

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スティーブン・キング原作の映画化は当たり外れが大きいといわれるけれど、これはそんなに悪くない。怖くないけれど展開がめまぐるしく、あっという間に観終わったという印象。
    キングの短編をだいぶ膨らませているそうで、ラストの解釈も人によりハッピーエンドかアンハッピーエンドかにわかれるぐらいボカシてある。
    キリスト教的な含みが多く(ホラーに色々な宗教観が絡んでくるのは当たり前だけど)、部屋を支配しているのは日本人が思う幽霊のようなものではないのが面白い。あと、子どもを絡めてくるのは子持ちからするとズルい。それだけで泣いちゃうじゃん。


    でもって私は以下のように解釈したので☆4つです。


    以下ネタバレ






    支配人は1408号室の入り口の管理者、つまり地獄への道の手前にいて信仰の深さを問う神の使い。信仰心を持たない主人公は追い詰められるが、娘の死を追体験したことで改心。逃げ出すために自殺するのではなく(自殺は罪深く救われない行為)、妻を救うために部屋と戦う(なので支配人が「よくやった」と言っている)
    主人公は助かり、妻との仲を修復、死後の世界と魂の存在を信じるようになった(なのでレコーダーに娘の声が残っていても驚かない)

    まあ公式に発表されないかぎり正解なんてないだろうからこれも私の勝手な思い込みってことで。

  • 2016.5.12
    UULAにて。クリスマスキャロル的な改心モノという事でOKですかね。
    サミュエル・L・ジャクソンの立ち位置は精霊的なものでしょうか。
    やっぱり後半はアトラクション的すぎると思うの。

  • あらすじが最高にいい。もちろんB級映画だけど、スティーブン・キングの作家主人公ものなのでまぁなんとか楽しめた。

  •  中盤までは日本的な怖さで、結構怖かった。(一人で部屋を暗くしてヘッドフォンで見てた)
     伏線はきちんと回収されたけど、日本人にはわかりづらいだろうなぁ。聖書を知ってれば。

     最後のテレコの吹き込みはあり。
     

  • あまりにも理由が無さ過ぎるホラーだとかえって怖さが減ると思うんですよ

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする