ワイルド・スピード [DVD]

監督 : ロブ・コーエン 
出演 : ヴィン・ディーゼル  ポール・ウォーカー  ミシェル・ロドリゲス  ジョーダナ・ブリュースター 
  • ジェネオン・ユニバーサル (2012年4月13日発売)
3.33
  • (16)
  • (28)
  • (63)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 321
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102050207

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  改造されたスポーツカーのかっこよさがたまりません。ロマンがあふれています。小さいころから憧れて、大人になった今でもやっぱりいいなあとうっとりしてしまいます。日本車もたくさん登場してくれて、車好き、特に改造車好きにはたまらない作品です。
     この映画の内容はストリート系のいわゆるアウトローな車の楽しみ方なのですが、やっぱりかっこいいんですよね。社会に居場所がなかったり生きづらさを感じていたりする人が、仲間と集まって唯一自分を表現できる場所でもあって。犯罪はもちろんいけませんが、映画だから楽しめる要素でもあります。
     シリーズも長く続いていますが、なんだかんだこの第1作が一番好きです。

  • Blu-ray

    ポールウォーカーが亡くなって、もうすぐ1年。ワイスピ7作目のタイトルも発表された。

    深夜のハイウェイ。高額商品を積んだ大型トラックが、レーサーの集団に次々と襲われるという事件が起こった。囮捜査官としてギャング達の中に入り込んだブライアンは、レースを通じてギャングのリーダー、ドムと心を交わしていく。

    ポールウォーカー、めちゃくちゃ若くて可愛いなあ。1作目はストリートレースに沸くギャングのお話ということで、懐かしの日本車がたくさん見られる。

  • Hey!Say!JUMPの髙木くんおすすめ映画の第2位、ということで、なめてました。すみません。
    カーレースと、綺麗なお姉さんと、みんなでバーベキュー。
    髙木くんの好きなものてんこ盛りじゃん。
    あとは海があれば完璧だね、なんて余裕こいて観ていたのですが。

    ちょっとこの映画すごすぎる。
    潜入捜査している刑事が主人公なのですが、彼は明らかに刑事の仕事よりカーレースの方が好きだ。
    犯人グループと思われる一味の仲間として、少しずつ信頼を勝ち取り、そして彼らを信じたい気持ちが膨らんでいくブライアン。

    ブライアンの視点で見ると、確かにドミニクは犯人ではありえない。
    だけど警察上層部はドミニク犯人説を譲らない。
    そして手柄を焦る警察上層部は、じっくり捜査する時間をくれやしない。

    どうする、ブライアン?
    いろいろ落としどころを考えながら観ているわけですが、ことごとくはずれ。

    「そう来ると思ったよ」な展開は、もう一度ひねりを加えて、相手へのアドバンテージへ。
    「いやいやそれはないでしょう」な展開は、それを踏まえた上で想像の斜め上へ。

    最後なんてもう「何やってんのよ!」からの「マジですか!?」な結末。
    しかもエンディングロールが終わった後のシーンときたら…。
    私、主人公間違えてた?

    完敗です。
    ひとつも予想通りにはいきませんでした。
    ああ、面白かった。

  • 車好きのための車好きが作った映画かな。私自身車にはあまり興味がないのであまり楽しめなかったけど車好きにはたまらないんだろうなぁ。
    内容スッカスカでびっくりしたけど。

  • 高額品を載せたトラックばかり襲う謎のシビック軍団がロサンゼルスに跋扈していた。ロス市警の警官であるブライアン(ポール・ウォーカーさん)は潜入捜査官として、シビック軍団の率いていると睨んだドミニク(ヴィン・ディーゼルさん)に近づく為にゼロヨンに参加。捜査の為にドミニクに近づいて行ったのだが妹のミア(ミシェル・ロドリゲスさん)に好意を持ってしまう。。。公の警官としての本分そしてブライアン自身のミアに対する私的な恋心。この強烈なジレンマを抱えたブライアンが最終的に取った行動とは!?
    日本車、素晴らしいな~!

  • 男子が好きそうな映画
    これが第一印象。
    正直ながらで見てたので話の流れは掴めなかったけど、それでも楽しめました。
    とにかくドライブテクというか、カーレースがすかっとする!
    車好きならもっと楽しめたと思うと悔しい。
    そう言った意味で男子が好きそうな映画でした。
    男の友情もいいね。
    女では味わえない勝負の中の友情。気持ちというか行動で表すの。それが良かった。
    あんまり好みではないと思ったけど、何も考えず素で見れるいい映画でした。

  • ストーリーは特に深くないけど、音楽と車と男の友情がかっこいい

  • レースもの、特にストリートレース系はあまり好きではないので敬遠してたシリーズ。
    豆腐屋が峠を攻めるヤツとか、首都高でバトルするヤツとか大っ嫌いだからね(笑)
    そんなアタクシが何故コレを見たのかよくわからんが、予告編が面白そうだったのとヴィン・ディーゼルがカッコエエからですかね。
    またいずれジェイソン・ステイサムも出てくるようですし。
    でまあ見てみてどうだったかというと、かなり面白かったですハイ。
    正直内容は薄いと思います。
    ただのエンタメ作品です。
    もうとにかく車がヴォーンって走ってすごいです。
    そんな作品。

  • いちおう潜入捜査ってことでアウトサイダーちっくなスピード狂の仲間になる若き警察官のお話なんだけど…。

    車好きなら楽しめるのかもね。
    カーチェイスを見るにしてはちょっと中途半端だし、内容も大きな悪を殲滅しようってほどの大事件でもないし…。

    これならタクシーシリーズのほうが好きだなぁ。
    車を使うって点では比較するとだけどね(笑)

  • 車が始動する時に内部構造までイラスト化されて見える演出が素敵。ポール・ウォーカー、かっこいいなあ。活動しているときにもう少し追いかけておけば良かった。結局ジェシーは死んでしまったのか?曖昧だったので、続編で明らかになるのかなあと期待。

全28件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする