愛と哀しみの果て [DVD]

監督 : シドニー・ポラック 
出演 : ロバート・レッドフォード  メリル・ストリープ  クラウス・マリア・ブランダウアー  マイケル・キッチン 
  • ジェネオン・ユニバーサル (2012年4月13日発売)
3.44
  • (1)
  • (6)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102050290

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この時代…といっても近代としかわからないけど、ヨーロッパ人もアフリカの人達に対して偉ぶるばかりじゃなかったんだな。この映画はアフリカ人も品位のある存在として描いている感じがしていい。その代わりなのか、あまり興味を持てなかったからなのか、白人男性の見分けが付かなかった。どの人が誰で誰がどの人なのだか全然わからん。金髪がやたらとピカピカしている人は誰なんだ?まあ、メリル・ストリープが美しいし、彼女のモデルになった人が素晴らしい女性のようなのでかまわないか。

    1919年頃だって。カレンは自立した女性だったけど、当時の男性は自立した女性になれていなかったんだな。

    途中で見るのを止めちゃった。最近は、あんまり長い映画は見たくなくなってるみたい。気が向いたらまた見るかも。それより原作を読みたいな。

  • 劇場にて。寝まくった。あとで見る。
    ちゃんと観た。2017/03/09

  • 期待し過ぎた。
    メリルかっこいい。

  • 1913年〜のアフリカが舞台、女性が主役の素晴らしい映画。
    私と同じ世代(か、その上)の女性だったら、絶対に好きだと思う。

    アフリカという舞台もいいけれど、台詞がすごい。
    「彼は贈り物をしたがるが、クリスマスのときは絶対にしない」
    「なにも求めない人かと思ったけれど、全てを求める人なのね」
    とか、たくさん。

    こういうふうにしか生きられない主人公に涙した。

  • 英領ケニアに入植したデンマーク人女性の半生が描かれた映画。美しいアフリカの自然の中で、風と共に去りぬのような強かな女性の生き方が描かれる。映画としては、それなりにレベルが高いと思うが、開発的な視点でみると、よき白人、よき植民者の理想像といった感じがして、なんとなく嫌な感じもした。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする