アポロ13 [DVD]

監督 : ロン・ハワード 
出演 : トム・ハンクス  ケヴィン・ベーコン  ビル・パクストン  ゲイリー・シニーズ  エド・ハリス 
  • ジェネオン・ユニバーサル (2012年4月13日発売)
4.03
  • (23)
  • (34)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :169
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102050368

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世間の関心の低下。命に関わる故障。宇宙という極限。二酸化炭素、手動による軌道制御、電源の回復。おばあちゃんのあの子ならば大丈夫の一言が響く。「何が幸いするか分からない」。一人直前で病気により、地上に残っていたのが、幸いする。

  • まちなかシネマ。
    「アポロ13」(Apollo 13)は、1995年米映画、アポロ13号爆発事故の実話に基づく作品で、第68回アカデミー賞編集賞・音響賞の2部門で受賞、この危機対応の鮮やかさにより、「成功した失敗 (successful failure)」と称えられた。
    例によって映画の中には、チームワークや組織の力、夫婦と家族愛、ハッピーエンド、と良きアメリカが溢れている。
    アポロ計画は何処へ行ってしまったのか、一方では陰謀論や捏造説でも有名。

  • PG
    トム・ハンクス主演

  • 〜2015

  • NASAのお月さま計画で大変な目に遭ったけど、頑張って地球に帰還した「栄光ある失敗」のアポロ13号のお話。
    宇宙飛行士って大変なんだな…って思いました。

    トムさんの奥さん役のおばさんが、当時の流行なのかもしれないけれどナイスバディじゃないのに妙に丈の短いスカートばっかり履いていて、とっても違和感があったよ。
    自分の体型に合った服を着るのがオシャレだよな…って思いました。

    いずれにしても「運」ってものは本当に不思議なもので、それをつかむかつかまないかで結果はずいぶん違うものになってしまうんだね。

    強運の持ち主であるかないか…。
    ただそれだけで、歴史に名を残すか残さないかが決まる部分もあるのだと思いました。

    最後まであきらめないアポロ13号の3人の宇宙飛行士さんたちはエライなって思いました。

  • 思いもよらない事態。それも生命にかかわる。。
    遥かかなたの機体の状況を、地上から逐一モニターできる
    その技術に感嘆させられる。
    様々に変わる局面での決断と、リーダーシップ、チームワーク、そして、「帰る」「死なせない」という揺るがない思い!!
    良かったぁ。帰還できて。

  • 宇宙開発計画で、実際に起こった最大の危機を再現したアクション映画。NASAヒューストンとの
    乗務員のコミニュケーションが素晴らしい。山済みの課題を、皆で解決していくプロセスは素晴らしい。

  • アポロ帰還にいたるまでのチームの結束、そして目標を明確にしチームを1つにするリーダーシップ、これらが圧巻です。

  • 95年の作品か。20年前。まだ僕は高校生のころだ。トム・ハンクスが若かった。

    正直、それほど期待せずに観たのだが、面白かった。この緊迫感。トム・ハンクス始めとする3人の乗組員の緊迫感と決死の作業も良かったと思うのだが、それよりもバックで必死になって3人を助けようとするヒューストンのメンバーが非常に良かった。エド・ハリスが「俺の部下は誰一人として死なせん」と怒鳴ったところはカッコ良かった。

    アポロ13号の事故は有名な話でもあるので、結末は分かってるわけよ。最後は何だかんだで生き残るってのは知っている。知っているんだが、でもラストはやはり感動した。反抗していた娘が、耐え切れなくなって泣き出して母親にすがりつく、あのシーンも非常に良かった。いい演出してるなぁ、と。

    無事に生還した知らせを聞き、涙ぐみながら周囲と握手をかわすエド・ハリス。トム・ハンクスが主演なんだが、エド・ハリスが最高だった。

    20年前ということで、映像とか少々チープなところがあるし、緊迫感と臨場感ではサンドラ・ブロックの『ゼロ・グラビティ』のほうが上だと思う。が、本作とは方向性が異なっている。人間ドラマを見事に描いた本作も、非常に素晴らしい作品でした。

  • 今見るとさすがに映像があらかったり、作り物感が目立つ。
    でも緊迫感。
    今目の前にある壁をいかに乗り切るか。諦めない系映画。

全16件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする